スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

旬の苺とアスパラを食べよう!

ドイツの春のお楽しみ、シュパーゲル(白アスパラガス)。
初めて缶詰でない白アスパラガスを食べた時には、あまりのおいしさに驚愕しました。
以来、ドイツ人にも負けないほどの熱狂的シュパーゲルファンとなり、毎年この季節を心待ちにしている私です。
ドイツではシュパーゲルの出荷期間が6/24までときっちりと決められているので、正真正銘の季節もの。
今年もせっせと食べていたのですが、気がつけばもう終了間近!ああ、さみしぃ・・
ここにシュパーゲルの記録を残しておきたいと思います。


b0126715_1314062.jpg
ドイツでは、シュパーゲルを茹でてオランデーズソースや溶かしバターをかけるのが一般的な食べ方。付け合せの定番はハムやじゃがいもなど。
写真は、コルニション(ベルギーのピクルス)とゆで卵入りの相方特製ソースです。


我が家で一番好きな食べ方は、ずばり「わさびマヨ醤油」。
わさびマヨ醤油につけたシュパーゲルをごはんにのっけて海苔で巻いて食べると、もう~たまらないっ 何度食べても毎回うなってしまいます。
友人におしえてもらったシュパーゲルご飯(バター醤油で炒めたシュパーゲルを炊き上がったごはんに混ぜる)や天ぷらもお気に入りメニューです。

他にもいろいろと試してみたいな~と思っていたところ、
我が家が毎年クリスマスクッキー作りに参加している料理教室で、「苺とシュパーゲル」というまさにうってつけの会があるというので喜び勇んで行ってきました。
この日のメニューは。。。

b0126715_5123975.jpg
シュパーゲルのクリームスープ
これもシュパーゲル料理の定番。うちでもシュパーゲルの茹で汁を使ってよく作ります。
ほのかな苦味がクリームでまろやかになってとってもおいしい。
シュパーゲルのマリネ
赤いものはなんとスイカ!斬新・・・。
シュパーゲルを生で食べたのは初めてでしたが、シャキシャキの歯応えが心地よく、けっこういけます。
スイカとの相性はというと・・・なんとも特別な味でした。


私たちが担当した1品、
b0126715_1332143.jpg

山羊チーズのパイ包み焼き、苺リュバーブソース添え
簡単でとってもおいしかったので作り方メモ☆
一口大に切ったリュバーブをバターで炒め、白ワインと蜂蜜とローズマリー少々を加え、柔らかくなったら苺を加えて軽く煮ます。
パイ生地に山羊チーズを包んで焼き、ソースを添えてできあがり。



b0126715_134777.jpg
グリューナーシュパーゲル(緑のシュパーゲル)のピザ
ドイツでアスパラというと白アスパラのことで、グリーンアスパラは”緑の”アスパラと呼ばれます。緑が主流の日本とは逆ですね。


デザートは、
b0126715_1344089.jpg
ミルクライスボールと苺マカロン
お米を甘く煮たミルクライスのボールは、日本のおはぎのような感じ。苺のソースを添えて。
ココナッツをたっぷり使ったマカロンにはクワルクチーズのクリームをのせてさっぱりと。


たくさんの新しい味に出会えて大満足のひとときでした。
何より、みんなで作って一緒に食べるっていうのが楽しいんですよね。


後日、料理教室に触発されたのか、旬の果物でコンフィチュールを作ろう!と思い立ち、マルクトで大量の苺とリュバーブを買ってきました。
b0126715_57122.jpg

苺は日本の旬とはちょっとずれていて、こちらでは今が真っ盛り。
近所に土地の農家が集まるマルクトがあるんですが、ここにすごくおいしい苺があって。
本当にお砂糖がかかってるみたいに甘いんです。


b0126715_573499.jpg
苺、リュバーブ、苺とリュバーブのミックス、と3種類作りました。
太陽の恵みをいっぱいに受けて育った果物で作ったコンフィチュールは、みずみずしくてそのままでも食べられるくらいにおいしい!
パンに、ケーキに、アイスやヨーグルトに・・とあっというまになくなってしまいそうです。

食品は、遠くから運ばれてくるものより土地のもの、一年中食べられなくてもいいから自然に育てられた季節のものをできるだけ買いたいと思っていますが、コンフィチュールみたいに加工しておけばいつでも旬の味を楽しめますね。
長~い冬に備えて、今からせっせとコンフィチュール作りに励もうと思う今日この頃です。
[PR]
by pudding-world | 2009-06-23 18:00 | ドイツ