スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

ハワイのお気に入り☆カパフルとアラモアナ編

"ハワイ生活で出会ったお気に入り"シリーズ第2弾。
前回はワイキキ中心にご紹介しましたが、今回はちょっと足をのばして、いざ!B級グルメ&おやつ探検へ出かけましょう。

まずはワイキキの東にある、カパフル通り(命名:B級グルメロード)へ。
ワイキキからは徒歩圏内なのに、この辺りまで行くとぐっとローカルっぽさが増してゆる~くていい感じ。
ローカル価格の庶民的かつおいしいお店が点在しています。

Rainbow Drive Inn レインボー・ドライブ・イン / 3308 Kanaina Ave.
ハワイにはローカルフードを食べられるドライブ・インがたくさんあります。
ここレインボーは、薄味スープ麺の「サイミン」や、「ロコモコ」などの定番メニューが小さめサイズなので日本人としてはありがたいお店。
ただし、プレートランチはやはりものすごいボリュームです。
b0126715_13507.jpg
              ガソリンスタンド裏のレインボーカラーが目印。


Leonard's Bakery レナーズ・ベーカリー/ 933 Kapahulu Ave.
ハワイスイーツの定番中の定番、マラサダ。
マラサダは元々はポルトガルのお菓子ですが、今ではすっかりハワイのお菓子として定着していますね。
ふわふわもちもちの生地に砂糖がけといういたってシンプルなお菓子なのに、揚げパンともドーナツともひと味違って、これが不思議とはまってしまう味。
地元の人たちは10個、20個と大量に買って行きます。
チョコやハウピア(ココナツ)クリーム入りもあるけれど、やっぱりプレーンが一番。
注文すると揚げたてを裏から持ってきてくれるので、その場ですぐ食べるのが断然おいしい!
b0126715_165813.jpg
ブラウニーやマカロンなど気になるお菓子もいろいろあるのですが…ここではマラサダひとすじにしておくのが無難だと思われます。
b0126715_141260.jpg




お次はワイキキの西へ。
オアフに行ったら誰もが一度は訪れるであろう、アラモアナ・ショッピングセンター。
ブティックにレストラン、デパートにスーパーなどなどあらゆるお店が集まっていて、ここにいるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
もちろんスイーツもありますよ~!

Panya Bistro パンヤ・ビストロ/ 1450 Ala Moana Blvd.アラモアナSC2階
名前のまんま、パン屋さんのビストロ。
オーナーは日本のパン屋さんで研修を受けたそうで、店名も日本語なら商品も日本風です。「北海道ブレッド」や「あんぱん」まであって、現地に住む日本人のみならずロコにも人気。
パンやケーキの他、しっかり食事も楽しめます。アジア風ヌードルメニューも評判。
私がPanyaに初めて行ったのは、このお店がPanya Bakeryという名前で別の場所にあった頃。
現地で知り合ったおばあさんに「甘すぎない(←これポイント)おいしいケーキが食べられるのよ。」と連れて行ってもらったのでした。
おすすめされたパン・プディングを食べてびっくり。
それまではパン・プディングというとあのじゅくじゅくっとした感じがどうも苦手だったのですが、そのイメージを覆される美味しさで。それ以来、大ファンです。
b0126715_143593.jpg
ほどよくしっとりとしたパン生地にアングレーズソースがたっぷり。スフレタイプの「ジャパニーズチーズケーキ」も美味。


Pinnaple Room Cafe パイナップル・ルーム・カフェ/ アラモアナSC メイシーズ内
有名シェフ、アラン・ウォンがプロデュースするレストランに隣接するカジュアルなカフェ。
チーズケーキやストロベリータルトなど、どっしりコクがあってボリュームもたっぷり。でも美味しいのでぺろりといけちゃう。
レストランでは、同店ならではのチャーハンのロコ・モコが人気です。

Neiman Marcus ニーマン・マーカス / アラモアナSC内
高級デパート、ニーマン・マーカスで私が直行する先は…もちろんお菓子売り場!
目的はチョコレートでコーティングされたポテトチップスです。
今でこそ日本にも類似商品がありますが、ハワイで初めてこれを食べた時は衝撃を受けました。
お土産にしようと思っていたのに、あまりのおいしさに自分で食べてしまったほど。
もりもり食べるにしてはかなりお高めなお値段(15ドルくらい)ですが、ここのはチョコレートがぶ厚くて食べ応えあり。だけどやっぱり普段のおやつとしては贅沢すぎるような…。
ビターチョコやダイエットチョコバージョン(さすがアメリカ)もありますが、ミルクチョコが一番好きです。
ニーマンマーカス印の小さな缶ケース入りミントもお土産に喜ばれます。


ショッピングセンターの中だけであっというまに時間が過ぎてしまいそうですが、それではもったいない!
アラモアナ周辺にはほかにも美味しいお店が点在しています。


Kapiolani Bakery カピオラニ・ベーカリー/ 1517 Kapiolani Blvd
ショッピングセンターの裏手にひっそりとあるベーカリー。
ここは知る人ぞ知る、というより、はたして気に留める人がいるのかどうか心配になるくらいに素っ気無い店構えでして…
私もいつも通る道だったにもかかわらずついつい素通りしてしまっていたのですが、ある日ふと入ってみると、シューにペストリーなどなど魅惑の品揃えではないですか!
いろいろためしてみたのですが、一番のお気に入りは「クリームホルン」。
パイ生地ロールにクリームがつまっているんですが、このパリパリ皮は感動ものです。クリームもハワイでは考えられないくらいにあっさり。
そういえば、学校の先生がサヨナラパーティに持ってきてくれたのもここのチョコレートケーキでした。これもおいしかったなあ。
意外や意外。外見だけで決めてはいけないなあと反省したことでした。
b0126715_151093.jpg
             ゆるゆるとしたローカル感漂う店内。
b0126715_153065.jpg
             この色使い、いかにもアメリカですね…。


Panda Cuisine パンダ・キュイジーヌ/ 641 Keeaumoku St.
飲茶といえば中華街のLegentと並んで名前があがるのがここ、パンダ。
ちょこっとつまみたい時にも大勢でがっつり食べたい時にも便利です。
点心のシメのお楽しみがエッグタルト。
甘すぎず卵の風味が豊かで、あつあつのぷるっぷる。これだけでも食べに行きたいほどおいしい!

Yuchun Korean Restaurant ユッチャン・コリアン・レストラン / 825 Keeaumoku St. ※移転しました。→ 1159 Kapiolani Bivd. Honolulu
パンダをさらに北上したところにある韓国料理店。
ここの「葛冷麺」を食べるために、暑くともがんばって歩いていきます。
これを食べると暑さも吹き飛ぶどころか、体の芯から冷え冷えになるんです…と言うのもこの冷麺、なんとスープが凍っているんです!
ひんやりシャリシャリ新食感と葛のもちもち感は癖になる味わい。
カルビやプルコギとのセットを頼んで二人でシェアするとお得です。

BALE バレ / 1050 Ala Moana Blvd.
アラモアナSCを1ブロック西へ行ったところにあるワード・センターズ内には、広々とした敷地にたくさんのショップやレストランが集まっています。
アラモアナに比べると観光客よりもローカル色が強く、もっとゆる~い感じ。
広い敷地の一角にあるバレは、生春巻きやフォーなどベトナム料理が気軽に食べられるお店です。
ファーストフード風の店構えながら、ヘルシーでおいしく、疲れた胃に優しい味わい。
b0126715_1301957.jpg
フランス風バゲットのなかにはなんとナマス!これが妙においしい。マンゴープリンなどのスイーツもあります。


~ちょっとこぼれ話~
ある日、ワード地区の本屋さんに行った時のこと。
なんとジェイク・シマブクロさんのインストアライヴをやっていたのです!
当時はまだあまり日本では知られておらず、私もその時初めて、しかも生で!その演奏を聴いたのですが、ウクレレのイメージがすっかり覆されるほどの衝撃を受けました。
感動でぽお~っとなりつつCDにサインしてもらったり一緒に写真まで撮っていただいて。。。
生ジェイクは、ハッピー&ピースフルオーラいっぱいの人でした☆


食べ物バナシに戻りまして~ 韓国料理屋さんをもう一軒。

So Gong Dong ソ・ゴン・ドン / 1960 Kapiolani Blvd.
アラモアナとワイキキの中間地点くらいにあるマッカリー・ショッピングセンターの2階にあるスンドゥブが美味しいお店です。
辛いだけでなく、牛骨とスジでとったというダシの旨みたっぷりで後引く美味しさ。
以前はアラモアナの裏手の屋台っぽい小さいお店だったのが、移転して大きく綺麗になりました。
だけど前の方が味のある雰囲気で好きだったなあ…


b0126715_18483.jpg
ワイキキに比べるとうんとすいてるアラモアナ・ビーチ。ショッピングセンターのフードコートでプレートランチをテイクアウトして、海を見ながら食べるとおいしさもひとしおです。



次回はさらにローカルなグルメ地区、チャイナタウンやカイムキをご紹介する予定です。
お楽しみに☆


♪♪本日の音♪♪
Sanny Sunday / ジェイク・シマブクロ
生でジェイクを聴いた時の記念すべきCD。日本デビュー盤でもあります。
[PR]
by pudding-world | 2009-08-03 22:32 | ハワイ