スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

パリのお気に入りパティスリー その2 ■カール・マルレッティ

前回の「パン・ドゥ・シュークル」に続いて、最近お気に入りのお菓子やさんをもうひとつご紹介します。
パリの繁華街からちょっと離れた商店街の一角にある小さなお店、
2007年12月にオープンした「カール・マルレッティ」。
オーナー・シェフのマルレッティさんは、ルノートルやポテル・エ・シャボといった名店を経て、ル・グラン・ドテルのデザート・シェフを務めた方。
初めてお店に行った時、モダンで高級感ある外観に一瞬身構えてしまいましたが、店内でお菓子たちに対面してホッと安心。
ショーケースにはエクレアにタルトといったなじみのあるパティスリーが、おいしそうなしっかりとした焼き色を付けて並んでいました。これは期待できそう~とっても好きなタイプのお菓子かも!

果たして、それは大当たりでした。
私の心(と舌)をわしづかみにしてくれたのがマルレッティさんのスペシャリテであるミルフィーユ!
b0126715_2248103.jpg
この麗しい焼き色よ!
フィユタージュは、クリームがしみこまないようにキャラメリゼされているのでパリパリのサクサク。コクがありながらも重すぎないクリームとのバランスも完璧。これはもう、私の中のミルフィーユの理想形です。



b0126715_22484911.jpg
ルリジューズの表面はクランブル状で中にはたっぷりと濃厚なクリームが。写真のショコラのほか、ピンク(ローズ風味)やグリーン(ピスタチオ風味)などもあって、古典菓子でありながらもモダンな印象。


b0126715_22561879.jpg
苺とフランボワーズがのった赤いフルーツのタルト。フルーツの内容は季節ごとに変わります。

b0126715_22595785.jpg
脱帽!だったのがこのヴェリーヌ。ピスタチオクリームにフランボワーズのアクセント。中にはライスクリスピーが隠れていい仕事してる!ぜんぶのバランスが絶妙で、思わず唸ってしまうほどおいしかったです。

「気軽に入ることができる宝石店のようなパティスリー」をめざしたというマルレッティさん。
”気軽な宝石店”っていうのがどうも想像できなかったのですが、実際にお店に行って、なんとなく腑に落ちたような気がしました。
内装はモダンで洗練されていて宝石店のよう。だけれど、お菓子はクラシックなものが中心でお値段も(パリにしては)良心的。
見かけによらず、敷居は低かったのでした。
b0126715_1302071.jpg
              お菓子やさんっぽくないシンプル&モダンな外観。


ある日パリっ子の友人にここのお菓子を持っていったら、食いしん坊の彼らもたいそう感動していました。(その後足繁く通っているそう)
「日本人てなぜこんなに店を知ってるんだ?!」と驚いていましたが、たしかに日本の情報量ってすごいですよね。
特にパリは隅から隅まで、日本のメディアに流れていない店はないのでは?と思えるほどだし、
フランスの地方の村の何でもないよろずやでさえもが、日本のおしゃれ雑誌におしゃれ色に染まって載っているのを見ると驚愕してしまいます。
私がマルレッティさんのお店を知ったのも日本の雑誌、
カフェとスイーツの専門誌「カフェ-スイーツ(柴田書店発行)」さんでした。
この雑誌の好きなところは、ありのままの情報を変に誇張せずに書かれている硬派なところ。
”おいしい”の裏にある職人さんの思いやがんばりを知ることができたり、太っ腹にもレシピを公開してくれたり、内容の広さと深さには毎号感心させられます。
縁あって時々小さなカフェ・レポートを書かせていただくようになったのですが、ファンとしてはありがたき幸せです。

先入観なしに自分で感じたり選んだりできる情報って(ニュースの伝えられ方にしても)じつはとても少ない気がしています。
そういう私もここ海外スイーツブログでは、「おいしい」の「好き」だのと書いているわけですが・・これはまったくの個人的な好みです(笑)
もしかしたら何かの参考になるかもしれないしそうなると嬉しいなと思って書いていますが、情報がすべてではないし、あまり惑わされずに、自分の目で見たり感じたりするのが一番!と思います。

すてきなスイーツ・ライフを!


Carl Marletti カール・マルレッティ
51,rue Censier 75005 Paris Tel:01 43 31 68 12
[PR]
by pudding-world | 2009-10-28 19:13 | フランス