スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

美食の国、ルクセンブルクのお菓子屋さん

ルクセンブルクは、ドイツ、フランス、ベルギーに周りを囲まれた小さな大公国。
総面積は日本の佐賀県ほどの大きさですが、世界各国の銀行や金融機関、EUの諸機関が置かれ、経済力の強い国としても知られています。
b0126715_249581.jpg


首都のルクセンブルク市に流れる、ペトリュス川とアルゼット川。
この川沿いに築かれた城壁Winzelsmauerに囲まれた旧市街に、スイーツ好きを唸らせる名店があります。

目抜き通りのGrand-Rue沿いに店を構える「オーバーバイス」。
最近は日本のバレンタインデーのイベントなどにも出展しているので、目にしたり口にしたりした方もいるかもしれませんね。

b0126715_2495591.jpg
        向かって左がケーキやチョコレート、右がお惣菜類の売り場。

b0126715_2501661.jpg
ゲヴォルツトラミネールのマールや、シャンパンなど、がつんときかせたアルコールの風味が印象的なトリュフ。ほんとうに酔っぱらってしまいそう。

b0126715_2505961.jpg
ショーケースには、おいしそうなケーキにキッシュにパテなどが種類豊富に並んでいて、見ているだけでお腹がぐぅーっ。
嬉しいことに、ここで選んだものをそのまま2階のカフェで食べることもできます。
大公家御用達の高級店でありながら、気取ったところがなくてアットホームな雰囲気が◎。
品の良いおばさまたちやビジネスマンのお客が多いところがいかにもルクセンブルクっぽいなあなんて感心しつつ、みんなが食べてるおいしそうな日替わりランチを注文するも、残念ながら売り切れでした。
この国には食いしん坊が多いと聞いていましたが、隣のテーブルではかわいいおばあさんがひとり、「うーん、おいしい!」とつぶやきながらランチとワインを堪能中。食べることを心から楽しんでいる様子に、こちらまでいい気持ちになりました。

b0126715_2513782.jpg
山羊チーズとほうれん草のキッシュ。ここではもちろんモーゼルワインと供に。カフェながらワインリストも充実していてコーヒーと変わらない価格(2ユーロ台)なのが嬉しい。

b0126715_2515714.jpg
手前)フランボワーズの酸味とチョコレートのバランスが絶妙。(右奥)タルト仕立てにしたプロフィットロール。伝統的なお菓子もひとひねりされてオーバーバイス風に。


ルクセンブルクは、人口に対するミシュランの数が最も多い国なのだそうです。
そう大きくはない旧市街をちょっと歩いただけでも、おいしそうなお店をたくさん見かけました。さすがは美食の街。

b0126715_2532174.jpg
かわいい看板に目を引かれた食材屋さん。ドライフルーツやトルコ風のお菓子などを売っていました。


b0126715_255664.jpg
ギヨーム2世広場にある高級デリカテッセン「ケンプフ-コーラー」は、パンの中にパテとリースリングワインのジュレを入れた「パテ・リースリング」発祥の店。

昔ながらのたたずまいのお菓子屋さん「ナミュール」。
b0126715_2553345.jpg

b0126715_256735.jpg
b0126715_2564211.jpg
店内もお菓子もとってもレトロな雰囲気。ヨーロッパでは珍しいモンブランを発見し、嬉しくて飛びついてしまいました。


「フランス料理の質とドイツ料理のボリュームの融合」といわれる、まさにいいとこ取りなルクセンブルクの料理に、香り高いモーゼルのワイン。。。
ルクセンブルクは、経済的だけでなく食生活もうんと豊かで、なんというか、全体的にとても余裕の感じられる国でありました。



Oberweis
19-21 Grand-Rue  tel:470703

confiserie Namur
27,Rue de Capucins  tel:22 34 08
[PR]
by pudding-world | 2010-02-24 03:04 | ルクセンブルク