スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

運河の流れるおとぎの国、コルマール。 sanpo

リボーヴィレ、リクヴィルの少し南に位置するコルマールは、アルザスワイン街道のなかでは比較的大きくて、いちばん賑わっている街。
運河沿いに建ち並ぶカラフルな木骨組みの家々にメルヘンチックな看板・・・中世の面影が色濃く残る街はおとぎの世界のように可愛らしく、訪れる度にわくわくします。
b0126715_22444455.jpg

b0126715_2238612.jpg
    パステルカラーの家が並ぶ"小ヴェニス"と呼ばれる辺りは雰囲気たっぷり。

石畳の小路が入り組んだ旧市街は、楽しい散歩道。
古い建物をそのまま利用したお店やレストランがひしめきあっていて、あっちにもこっちにも惹かれるものがいっぱいです。
b0126715_22393466.jpg
                とってもキュートなアイス屋さん!

b0126715_22395114.jpg
              アンティークのポットが並べられたカフェの窓際。



古い街並みとは対照的な、モダンなパティスリーもあります。
b0126715_22403477.jpg
リボーヴィレで立ち寄ったGILGの支店がここにも!ケーキもショコラもどれも美しく、そしておいしい!

b0126715_22405467.jpg
こぼれんばかりのフルーツ!おいしいフルーツに恵まれたアルザスならではですね。

b0126715_18555617.jpg
ティエリー・ミュロップの支店も。"黒い森のケーキ"フォレ・ノワール(写真左)もモダンにアレンジ。


アルザスの街歩きの楽しみのひとつが、看板ウォッチング。
店それぞれに趣向を凝らした看板はとてもユニーク。
アルザスでは、上を向いて歩こう!
b0126715_2241589.jpg
とってもメルヘンで可愛いらしいこの看板はシャルキュトリー(腸詰めやパテなど肉惣菜店)。

b0126715_1905485.jpg
こちらはパン屋さん。お店はモダンに変わったけれど、看板はそのまま。

b0126715_22423317.jpg
ハンジが描く女の子みたい・・と思ったら、その名も「Chez Hansi(ハンジの家)」というレストランでした!そういえばハンジはコルマール出身だったなあ。
b0126715_22493171.jpg

木骨組みの建物にボリュームある料理、伝統的な衣装のスタッフ・・・「シェ・ハンジ」はまさにハンジの描く世界そのもの!でもそれがちっとも人工的じゃなくて昔からずっと続いてきたことなんだなあ、と思わせられます。
観光客ばかりでなく地元の人たちにも人気のようで、隣のテーブルの家族は、休日は家族みんなでここに来るのを楽しみにしているのだと言ってました。
おじいさんの体調の話(とても長い)を親身になって聞いているスタッフのすばらしさよ!
とっても自然で温かい雰囲気に浸って、幸せな気持ちでいっぱいになった私たちでした。


次回はアルザス旅も最終回。
コルマール周辺のとびきりかわいい村々を訪ねます。


■GILG
60,Gran'Rue 68000 Colmar Tel:03 89 23 96 84

■Chez Hansi
23,ruw des Marchands 68000 Colmar Tel:03 89 41 37 84
[PR]
by pudding-world | 2010-05-22 23:24 | フランス