スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

もっとディープに楽しむハンブルク!

前回お伝えしたザンクト・パウリからもう少し西へ向かうと、アルトナ地区に入ります。
かつてはハンブルク近郊の漁村だったというアルトナは、今では駅前にのびるショッピングストリートを中心にたくさんのお店が集まり賑やかです。
大型チェーン店があるかと思うとギャラリーやインテリアショップなど高感度な店があったり、また少し歩くと地元の人が集まる小さなカフェや商店があって、人々の生活が垣間見られる下町っぽい雰囲気でいっぱい。
港に近くいろんな人種が混在していることもあり、街全体が独特の活気に満ちています。


水曜の午後にはSpitzen広場でビオのマルクトが開かれます。
小規模ながら、野菜、果物、肉、魚の生鮮食品に、手作りのコンフィチュールまで魅力的なお店が集合。
b0126715_21321772.jpg

b0126715_21324349.jpg
      スープ屋台「Suppedito」のレンズ豆のスープ。毎週通うファン多数。


アルトナには、こだわり食材のお店も点在しています。
b0126715_19332184.jpg
ティム・メルツァーも常連のイタリア食材屋「PAOLA」。ドアに貼られたザンクトパウリっぽいアートにも注目。

b0126715_19352613.jpg
       チーズやワイン、チョコレートなどファインコスト(珍味・高級食材)の店。

b0126715_19364789.jpg
飴の実演販売が人気の「Bonscheladen」。WM時にはサッカーボールの金太郎飴も登場。


商店街のはずれに、長い長~い行列を発見。
日本以外でこんな行列を見ることは珍しいのでびっくりしながらのぞいてみると、小さなアイス屋さんでした。
子どもからお年寄りまでたくさんの人であふれ、みんなアイス食べつつおいしい笑顔。
「アイスリーベ(直訳すると"アイス愛")」というこのお店、ハンブルク一おいしいアイスと評判の店だったのです。
オーナーはフランツ・ハンザートさん。
約60種類のレシピの中から毎日12種類、その日の天気で作る量を決め、その日に売り切るのだそうです。
素っ気無いくらいシンプルな店には、アイス愛がいっぱいにあふれていました。
お味のほうは・・こりゃ並んででも食べたくなるわ!と唸るおいしさ。
ハンブルク一どころか、私の中では今まででナンバーワンかも!
b0126715_2042429.jpg
ヒムベーレ(木苺)&キャラメルと、パンプルムース(グレープフルーツ)&チョコチップ。特にパンプルムースは忘れられないおいしさ!

ドイツにはイタリアからの移民が多く、アイス屋さんがいたるところにあります。
大人も子どももアイスが大好きで、夏ともなれば街中にアイス片手の人々があふれます。
ドイツで食べるアイスはおいしいうえにとっても安い(1ユーロ以下。イタリアやフランスではありえません。)のがすてき。
ドイツにきたらぜひ、アイスを堪能してくださいね☆


さて。
このブログでは私の個人的な好みから庶民的な店が多く登場してしまうのですが、
ハンブルクは、美食でも名高い街。
特にアルトナの西のエルベ川沿いには、港の景色と美食を堪能できるレストランが並び、有名シェフの店もこの辺りに集中しています。
せっかくハンブルクに来たのだから一度くらいはちょっといい店にも行ってみたいなあ、と思っている人におすすめの一軒をご紹介しましょう。

「Le Canal nouveau」
数年前にシェフがAli Güngörmüs氏に代わってからすばらしく再生、あっという間にミシュランの星を獲得しました。
シェフのルーツを隠し味にくわえた、ちょっぴりオリエンタルな風味も感じられるクリエイティブな料理が魅力です。
かしこまりすぎずオープンな雰囲気で、景色も味も最高!
ランチなら30ユーロほどでいただけます。
b0126715_2131879.jpg
        エルベ川が目の前に広がるとっても気持ちいいテラス席。

b0126715_21103283.jpg
左はシェフならではの1品。ふだんは軽食で食べるファラフェル(ヒヨコ豆ペースト揚げ)が、立派な一皿に。

b0126715_21234121.jpg
ヴァローナのフォンダンショコラ。熱々とろ~っのチョコレートにマンゴーソースが絡んで美味!

気持ちいい場所でいただくおいしいお料理。。。
ほんとうに贅沢なひとときを過ごしました。

ところ変わって、またまたザンクト・パウリ。
やはり私はこちらの方が落ち着くようで(笑
先日、ここでとてもおもしろい体験をしました。
たまたま読んだ記事に興味をひかれて訪ねたあるお店。
日本人の榎本さん(通称エノさん)が切り盛りする寿司バーです。
ビートルズがブレイクしたことでも有名な、世界に名だたる歓楽街レーパーバーンのすぐ近くの路地に、エノさんのお店「カンパイKANPAI」はひっそりとありました。
b0126715_21183593.jpg
      左が「KANPAI」。カウンターだけの小さなお店。隣のスペイン・バーもいい感じ。

40年以上も前にシベリア鉄道で10日もかけて渡独したというエノさんの人生話はとっても濃くて・・食事もそこそこに話しを聞くのに夢中になってしまいました。
一時はハンブルクの街なかで大きな和食レストランを経営していたのが、流れ流れてこんな新宿ゴールデン街みたいな場末に来てしまった、とおっしゃるエノさんですが、私はこのディープな雰囲気がめちゃくちゃ気に入りました。
良心的な価格と場所柄、お客さんもいろいろでじつに濃い!
近所で働く人から地元の若者まで、常連さんたちに愛されているのが伝わってきます。
b0126715_21335469.jpg
       エノさん。店で見続けた人間模様をまとめた本を執筆。出版社募集中です!

話が弾みすぎてなかなか帰れず、恐縮するくらいサービスしてもらったうえ、「モヒート飲みに行こう!」と隣のバーへ連れていかれた私たち。
ディープなザンクト・パウリを肌で感じることができた、おもしろ濃ゆ~い一夜でした。


■Eisliebe
Bei der Reitbahn 2 Hamburg Tel:39 80 84 82

■Le Canal nouveau
Elbchaussee 139 Hamburg Tel:88 12 95 32

■KANPAI Sushi-Bar
Hamburger Berg 25 Hamburg Tel:32 31 84 84
[PR]
by pudding-world | 2010-07-30 21:10 | ドイツ