スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

天空の城、ゴルド ~南仏プロヴァンスの休日~ sanpo

リュベロン地方でもっとも観光客が多い村といえば、ゴルド。
ゴルドの魅力はなんといっても幻想的な景観です。
その姿は、まさに天空の城!
b0126715_3175821.jpg
         宮崎駿先生の「天空の城 ラピュタ」のモデルともいわれています。

地方自然公園に指定されているリュベロンにはほとんど開発の手が入らないため、昔と変わらない素朴でのどかな雰囲気を残していますが、それでもここゴルドだけはちょっぴり観光化されているのは否めません。
他の村に比べるとホテルの数も格段に多く、村の中心にはレストランや土産物屋などが並んで大賑わい。
夏のシーズン中ともなるととても田舎の村とは思えないほどの混雑ぶりです。
b0126715_3333161.jpg
             女の子が好きそうな可愛い雑貨屋さん。

b0126715_3343884.jpg
                瓶詰めなどの食材中心の土産物屋さん。

b0126715_3372214.jpg
       ローズマリーやタイムなど、プロヴァンスらしいはちみつがいっぱい。

b0126715_3381938.jpg
              プロヴァンスのシンボル、せみの飾り物。

b0126715_340699.jpg
映画「プロヴァンスの贈り物」の舞台になった広場(この映画、恋愛中心なのでプロヴァンスファンにはちょっと物足りないかも?)。

b0126715_3524783.jpg
           「私の父はパティシエでした」という名前のカフェ。

b0126715_3521841.jpg
リュベロンに点在するボリーBoriesと呼ばれる石造りの建物がゴルド周辺にはいっぱい。


ゴルドから北西2kmほどの人里離れた谷間にひっそりとあるセナンク修道院も、観光客のほとんどが訪れる場所でしょう。
一面に広がるラベンダー畑と修道院の写真はプロヴァンスで最も有名な風景の一つです。
俗世から隔離された場所で禁欲的な生活をおくるシトー会の修道院・・・ほかの教会のようにきらびやかではない簡素なたたずまいを前にすると、なんともいえない静けさが心に広がっていくようです。
b0126715_495849.jpg
            ラベンダーの季節(6~7月)はさぞかし美しいことでしょう。


*今回のレポートはスイーツが登場せずに終わってしまったので、前回のボニューのはちみつ屋さんで掲載できなかったスイーツをご紹介しますね。
b0126715_4232696.jpg
はちみつを使ったフランス菓子の定番、ヌガー(右)とエクス・アン・プロヴァンスで特産のお菓子、カリソン(左)。

b0126715_427178.jpg
    はちみつたっぷりのパン・デピス(左)と、まろやかな甘さが後を引くキャンディ(右)。



◆◆ 本日の1冊 ◆◆
『 南仏プロヴァンスの昼下がり 』ピーター・メイル著 河出書房新社刊
南仏エッセイ3部作の完結編。原題は「アンコール・プロヴァンス」。数年のアメリカ生活を経て帰ったメイル氏を変わらない姿で迎えてくれたプロヴァンスへの、感謝と愛情溢れるますます観察眼の冴えた1冊。物事を否定することが好きな偏見に満ちたメディアへの、ユーモアたっぷりの反論は痛快!メイル氏のように、何事も肯定的に見て違いをみとめたうえで楽しく共存していきたいものです。
[PR]
by pudding-world | 2010-09-22 04:11 | フランス