スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

カテゴリ:ニカラグア( 3 )

ニカラグアの古都グラナダで、チョコレート作りを体験しました。

*ニカラグアっていったいどこ?!と思った方、興味のある方はこちらをご覧ください。
初ラテンアメリカは甘くなかった……/中米ニカラグア①
めくるめくコントラストに翻弄されて/中米ニカラグア②

グラナダは、ニカラグアでは一番観光客が多い町と思われます。
色鮮やかな建物が並ぶ中心地には、観光客向けのホテル、飲食店、土産物屋などが集まっていて、他の町にくらべると格段に豊かな印象。
私たちが自由行動を許されたのは、唯一この町だけでした。

ニカラグアは良質なカカオ豆の産地。
そのカカオを使った伝統的なチョコレート作りを体験できる施設が、ここグラナダにあります。
受け身にならざるをえなかったニカラグア旅ですが、これだけはぜひとも体験したかったこと。
念願叶って体験することができました。
b0126715_2335392.jpg

「Choco Museo (チョコの博物館)」というその施設。
たくさんのパネルが展示されていて、カカオの歴史、チョコレート作りの過程、ニカラグアのカカオ栽培やカカオを取り巻く世界の現状まで、興味深い話が分かりやすく説明されています。

b0126715_23352530.jpg
気持ちいい中庭には、チョコレートドリンクやスイーツがいただけるカフェが。

b0126715_23361383.jpg
宿泊施設もあるので、朝食ビュッフェも充実しています。
ニカラグアの豆ごはん「ガジョピント」に揚げバナナ、スイーツなどなど、バナナの皮にのってとってもおいしそう。

b0126715_23363092.jpg
カカオ豆や手作りのチョコレートも販売しています。
石臼を使った伝統的な製法で作られるとあって、ざらっとした独特の食感です。
環境に配慮したビオのカカオ使用で、パッケージには色鮮やかな鳥のマークが。

扱っているカカオは、ニカラグア北部にあるカカオ協同組合のビオのカカオ豆。
ここで知って驚いたのですが、この組合は、ドイツのチョコレートメーカー「リッタースポーツ」の協力で始まったプロジェクトだそうです。
リッターは、最近ビオ商品に力を入れてがんばってるなあと思っていましたが、まさかここでそのカカオに出会えるなんて嬉しい偶然!
リッター社のオーナー、アルフレッド・テオドア・リッター氏は、環境問題・社会問題への意識が高く、数々のエコでフェアなプロジェクトに取り組んでおられる方です。

さて、いよいよチョコレート作り。
アメリカからの旅行者も参加して、総勢6名のグループでスタート!
b0126715_233768.jpg
マヤ式の伝統的な製法は、生のカカオ豆を焙煎するところから始まります。
コマルと呼ばれる鍋で、じっくり低温焙煎。
焙煎が終わったら、まだ熱いうちに一粒ずつ皮をむきます。
炒りたてのカカオはびっくりするほど香りが豊かで、そのまま食べてもおいしい!
皮は煮出して、カカオ茶にしていただきます。(これも美味)

b0126715_23372773.jpg
お次は磨砕。
機械は使わず、石臼ですり潰していきます。これがなかなか大変。
カカオ豆がパウダー状になった後、さらにペースト状になって油分が出てくるまで、すってすってすり続けます。

ここで一旦休憩して、できたカカオペースト(カカオマス)を使ってカカオドリンク作り。
もともとチョコレートを作って食べる習慣のないニカラグアでは、「カカオ」というと普通は飲み物のことなんです。
b0126715_233833.jpg
水や砂糖を加えてかき混ぜます。泡がたつほど思いっきりかき混ぜるのがいいのだそう。
ニカラグア風(シナモン入り)、アステカ風(チリ入り)、スペイン風(ミルク入り)の3種を試飲しました。
私はスぺイン風が好みかな。

b0126715_2338239.jpg
チョコレート作りに戻って、お次はコンチング(精錬)。この過程だけ機械を使います。
一般の工場製品だとここでカカオバターを加えたりしてなめらかにしますが、こちらではそのまま。

b0126715_23385190.jpg
最後は型に流してトッピング。
ニカラグア産コーヒー豆やナッツ、ラム酒、生バナナ(!)などの素材を組み合わせてトッピングしていきます。
コーヒーやナッツは想像がつきますが、生のバナナ入りチョコレートは驚愕の美味しさ!
ちょっとザラッとしたカカオの食感が残って、ワイルド風味なチョコレートができあがりました。
見た目もかなりワイルドですね(笑)

ニカラグアはカカオの産地なのにチョコレートが売ってないのが不思議だった、という話を以前しましたが、じつはニカラグアにも有名なチョコレートがあります。
ニカラグアの火山の名前が付いた「MOMOTOMBO モモトンボ」というチョコレートメーカー。
b0126715_21385527.jpg
空港にあるショップが、思いのほかモダンで洗練されていてびっくり。
それまでに見たニカラグアの風景とのあまりのギャップに戸惑うほど。
この国の物価からしたら考えられない高級品ゆえ、ほんの一部の富裕層と外国人しか買うことはできないと思われます。
そもそもニカラグアの人たちはチョコレートを食べる習慣が無いそうなので、外国人のために作られているのでしょうか。
とくにアメリカでは、数々の賞に輝くなど評判のようです。
b0126715_21392967.jpg
アーモンド、ココナツ、コーヒー豆などなど、ニカラグア産の素材を使ったチョコレート。
素朴さを残しつつも、なめらかな口どけにカカオの質の高さが感じられます。

ニカラグアの旅はいろんな意味で大変でしたが、とても興味深い体験でした。
ふだん何気なく食べているチョコレート。その材料となるカカオ豆が、こんなに遠い、最貧国といわれる国で作られているということをあらためて実感。
商品の出所について(フェアかどうか)はいつも意識していたいと思っていますが、やはり実際に生産地を見ると、まだまだ、という感じがします。


「フェア」ということについて。

以前、チョコレートに関する興味深いドキュメンタリー番組を見ました。
ドイツの国営放送ARDの番組で、あらゆる企業(巨大スーパーにアパレル、保険会社まで様々)をチェックするというその名も「Check」という番組。
いろんな項目(品質、価格、公正さ等)に沿って、専門的な実験や調査などをして徹底的にチェックするのですが、完全に中立の立場で、企業名も人物も実名で登場するので信頼度は高いと思われます。

これまでにマクドナルドやH&Mなど世界の名だたる大企業が登場していますが、ある時、とある有名お菓子メーカーが登場しました。
世界中で商品を展開しているイタリアの企業です。ここでは仮にA社とします。
チョコレートやヘーゼルナッツを使った商品が有名で、番組の中では実際にA社で使うカカオやヘーゼルナッツの生産地(アフリカやトルコ)を取材しているのですが、そこではなんと子どもも朝から晩まで働かされていたのです。
農場の労働者たちとその家族は、野営場のような場所の粗末なテントで生活していました。
小さな子どもが泣きながらインタビューに答える映像が忘れられません。

データによると、A社は同業他社に比べ、桁違いの莫大な広告費を使っています。
たしかに、いろんな国際試合のスポンサーになっているし、スーパーでも同社の商品は一等地の大きなスペースに並んでいるし、テレビでは一日中ひっきりなしにCMが流れています(子ども向けにヘルシーさを売りにしている商品は、成分調査ではイメージとは随分違う結果でした)。

番組ではこの結果を受け、A社に直接取材に行っています。
A社の回答を簡単にまとめると、「契約では児童の労働を禁止しているが、現場のことまではチェックできない。チェックするにはコストがかかる。」という内容でした。
それをするのが企業の義務だと思うのですが…。
そのコストというのが想像以上に低かったことも驚きで、たしか商品につき1セント上乗せすることになるというような…1セントのために?消費者としては1セント高くてもフェアな物を買いたいし、広告に莫大な費用をかけられるのだったら、やろうと思えばすぐにでもできるのでは?!お願いだからやってほしい!と思わずにはいられませんでした。

悲しいというか残念というか…この番組の内容はかなりショックなものでした。
食に携わる者としてもいろいろと考えさせられました。

じつは、これには後日談があります。
2012年、A社は「第三者機関による調査の結果、A社と契約しているカカオ農家が子どもを働かせたり大人に労働を強制したりする実態が明らかになったことを受けて、カカオ豆の生産農家から、2020年までに児童労働や強制労働を一掃させる」と宣言したのです。

チョコレートの世界大手が児童問題について明確な目標を打ち出したのは、A社が初めてだそうです。
良かった…と思うと同時に、第三者による調査で問題が明るみに出なければ、ずっと状況は変わらなかったかもしれないと思うと恐ろしくもあり、「第三者」の重要性を強く感じました。
「第三者」は、「消費者」でもあります。
私たちが消費者として公正な商品を望むことが、企業の公正さに繋がるということをひしひしと感じました。

チョコレートの原料となるカカオ豆の多くは、途上国と呼ばれる貧しい国で栽培されています。
多くの農場で強制労働や児童労働が行われ、西アフリカのコートジボワールだけでも推定20万人の子どもがカカオのプランテーションで働かされているといいます。
その多くがチョコレートがどんなものかも知らないままに…。

ありがたいことに、ドイツではビオやフェアトレード商品が充実していて、手頃な価格で手に入ります。
それだけフェアな商品が求められている、需要が高いということでしょう。
環境や公正さに対する人々の意識も高いように感じます。
テレビ番組にしても、先ほどのチェック番組のように、問題を提起するようなドキュメンタリーや、考えるきっかけをくれるような社会派の番組は豊富で、店や商品を紹介するだけの、いわゆる情報番組は見当たりません。

日本の状況をみてみると、近年になって徐々に「フェアトレード」の認知度が高まってきてはいるものの、その市場は、世界の先進国の中では桁違いに小さいもの。
日本はフェアトレードの考えが広まりにくい、と言われているそうです。
購買力はあるのに(一粒500円のチョコレートが飛ぶように売れる国なんて他にないと思います)なぜだろう…とこの状況がもどかしくもありますが、日本人は商品に対する興味も知識も半端じゃないし、何より公正に判断できる目を持っているはずなので、もっと認知度が高まれば、状況が激変する可能性はあると思うのです。
期待もこめて。。。

日本でも、たくさんの団体や個人で尽力しておられる方たちがいます。
私も陰ながら応援しつつ、いち消費者としての「責任」を考えていきたいと思います。

b0126715_2113541.jpg



フェアトレード・ラベル・ジャパン
フェアトレードについては、こちらのサイトで詳しく正しく知ることができます。
[PR]
by pudding-world | 2013-01-26 02:35 | ニカラグア
ニカラグアツアー後半は、海の方へ向かいます。
ニカラグアっていったいどこ?と思った方は、こちら前回の記事をご覧ください。

San Juan der Sur は、太平洋に面したリゾート地。
b0126715_22552252.jpg

米国からの旅行者が多いとあって、ビーチの近くには英語表記のレストランやショップがたくさん。
b0126715_2315114.jpg
こんなおしゃれなカフェも。
ゆったりしたソファ席に本棚、メニューはベジ・カレーにベーグル、スムージー……とアメリカの旅行者のツボを押さえています。
向かいのおしゃれパン屋も同じ米系オーナーらしく、繁盛していました。

Masayaの街にある、旅行者向けの大きな土産物市場へ。
b0126715_23191797.jpg
b0126715_2319512.jpg
衣類やバッグ、お面に置物などなどニカラグアの民芸品の店がびっしり。
私たちが買ったものは、バナナと、おばあちゃんの手作りクッキー。

ニカラグアの摩周湖?アポヨ湖へ。
b0126715_23405115.jpg

b0126715_23411975.jpg
静かな湖畔の森の中に点在するヴィラ。
b0126715_23414347.jpg
宿の周りの林には、野生の猿がいっぱい。
「ヴォッ、ヴォッ、ヴォッ」思いのほか低くて力強い鳴き声が聞こえてきます。

b0126715_23533349.jpg
San Juan は陶器で知られる小さな村。
ここでのわずかな買い物タイムが、人々とふれあえるチャンスでした。
b0126715_2355397.jpg

b0126715_23553786.jpg
薪運びを手伝っていた女の子。
目が合うとにっこり。
あまりにもピュアで美しい笑顔だったので、思わず、写真をとってもいい?と(身振りで)聞くと、はにかみながらも嬉しそうに頷いてくれました。
ほんのちょっとの交流でしたが、ささくれだった心がじんわり癒されるようでした。二カラグアでのモヤモヤが一瞬吹き飛んだくらい。
この国では人々へカメラを向けることは躊躇われるような場面が多かったので、貴重な一枚になりました。
この辺りは、私が見たなかではまだ暮らしぶりは良さそうでした。


b0126715_1493293.jpg
陶器の置き物を売る一角では、宗教的な像がたくさん。
b0126715_1501552.jpg
ラテンの国や貧しい国では、ある種共通の信仰の篤さを感じることが多いですが、ニカラグアでも教会の影響力は絶大のようでした。
今回ニカラグアで結婚式を挙げた友人(フランス人。一応キリスト教徒)は、教会で式を挙げるためには信仰心がまだ足りないということで、教会での短期コースを義務付けられたそうです。


b0126715_0254034.jpg
ニカラグアでは、牛は大切な働き手。交通手段としても活躍しています。
b0126715_0255274.jpg
道端のすばらしき八百屋!生のカカオに思わず興奮。
この時持ち帰ったカカオは、今はすっかり乾燥してチョコレート色。
カラカラ良い音がするのでマラカスのように楽しんでます。


ニカラグア最大の湖(世界で10番目)、ニカラグア湖に浮かぶオメテペ島へ。
b0126715_081988.jpg
ニカラグアでも一番の難関という、コンセプション火山のトレッキング。
私はさすがにパスしましたが、男性陣+勇敢なフランス女性一名は、朝5時に出かけて夕方ボロボロになって帰ってきました。
b0126715_091356.jpg
年配者と女性陣は、マングローブの森探検へ。
こちらは楽勝と思いきや、途中スコールがやってきて、かなりハードなお散歩でした。
b0126715_08463.jpg
波もあるし、泳げるし、サメもいるし!まるで海のようなニカラグア湖。


スーパーマーケットでニカラグアのお菓子を物色。
この時連れて行かれたのは、富裕層御用達のスーパーで、ニカラグアの庶民のスーパーには無いありとあらゆる物が美しく揃い、欧米と変わらない値段がついていました。
ここでも貧富の差を実感。
b0126715_1131819.jpg
ニカラグアの定番スナック。
バナナチップス(ライム&チリ味がくせになるおいしさ)と、豚の皮チップス(なかなかイケる…けど胸焼けする)。
b0126715_1255659.jpg
とうもろこしの粉で作られたほんのりチーズ味のビスケット。
アプリコットなどドライフルーツ入りも。
b0126715_1275198.jpg
ニカラグアではカカオドリンクがよく飲まれています。
カカオの産地なのにどこにもチョコレートが売っていないことを不思議に思っていましたが、この国ではカカオは飲むもので、チョコレートに加工して食べる文化はないということを聞いて納得。
この何でもある高級スーパーでは、アメリカの有名メーカーのチョコレートが売られていました。

今回の旅の目的、メインイベントの結婚式は、ツアーの真ん中に行われました。
教会の儀式に打ち上げ花火、高級ホテルにレッドカーペット、マリー・アントワネットのように着飾ったゲストたち……贅を尽くしたセレブなショーでした。
直前に貧しいバラックの集落を通り抜けてきた後だけに、コントラストがあまりに激しく……ニカラグアにきてからというもの、貧富の差や人権の無さに打ちのめされつつ過ごしていましたが、この時はマックス状態で、そのシュールさに発狂してしまいそうでした。

これまでにも貧しいといわれる国々を旅したことはあるのに、なぜ今回こんなにも辛かったのか。
圧倒的な貧富の差を目の当たりにしながら、富裕層的価値観の中で過ごすという状況がどうにも耐え難いことだった……だけど世界的に見たら日本人である私も「富」の方に属するわけで、日本にいると意識せずにすむそういう諸々を突きつけられて無力感に襲われたのでした。

正直今回の旅では、ニカラグアについて本当のところは何も分からないまま終わってしまったという思いでいっぱいです。
今ももやもやは消化しきれてなくてここでレポートにすることも躊躇われましたが、やはり見た者の義務のような気がして、分からないなりにも見たことを書いておくことにしました。


次回は、(やっと)本来のスイートレポートらしく、
ニカラグアのカカオ豆を使ったチョコレート作りのお話です。
[PR]
by pudding-world | 2012-11-29 20:06 | ニカラグア
今年初めて訪れた中米、ニカラグア共和国。
ニカラグアっていったいどこ?と思う人がたくさんいることでしょう。
私もそうでした。

ニカラグアはこんなところ。。。
北をホンジュラス、南をコスタリカに挟まれた中米の中ほどに位置する国。
湖と火山が多く、火山活動がいまも活発。(今年9月にも大きな噴火あり)
主な特産物はバナナ、コーヒー、カカオ、葉巻、ラム酒など。
世界の最貧国のひとつ。

歴史をみてみると、
その昔、コロンブスに新大陸が「発見」されて以来、スペインによる侵略が始まり、先住民族は奴隷にされたり虐殺されてほぼ絶滅させられる。
スペインから独立も、今度は米国が進出を始め、内紛が続き政治は混乱。
米国子飼いで数々の虐殺行為を行ったサモサが政権を握り、サモサ王朝の独裁政治が43年も続く。
サモサ一家は国家を私物化し、国民総生産の半分を独占。1972年ニカラグア大地震の際には、世界中から送られた義捐金や物資を一家で着服するなど悪行の限りを尽くす。
1979年のサンディニスタ革命で独裁政治が終わるも、米国が仕掛けた内戦によって経済は疲弊してしまう。
1990年に内戦が終わった後も、経済復興は進んでおらず……

そんなニカラグアへ、フランスの友人の結婚式に出席するため行くことになったのでした。
彼の奥さんはニカラグア人。
ニカラグアはとても貧しい国ですが、富裕層は存在します。
新婦の家族はそのわずかな富裕層に属する人たちでした。
私たちは、図らずも最貧国の富裕層という特殊な世界に置かれたために、この国の貧富の差の激しさや人権の無さを痛感することになったのです。

今回フランスからは家族や友人20名ほどが初渡ニカするため、新婦が組んだ2週間の現地ツアーに皆参加することになりました。
ツアーの内容はその価値観を反映したような贅沢なもので、高級ホテルに泊まり、富裕層や外国人旅行者しか行けないような観光地やレストランを専用バスでめぐるというもの。
人々のふだんの生活を垣間見たり、ふれあったりといった、私が旅の醍醐味と思っているようなことはほとんど不可能でした。
彼女としてはニカラグアの貧しい部分は見せたくなかったのかもしれません。
だけど現実は、この国では大部分の人が貧しく、移動中バスの窓からは、屋根も壁もないバラックのような住居や、電気も無い所で生活している人々の姿が見えます。それでいて何事も無かったかのように贅沢な旅をするという状況は耐え難いものがありましたが、表面上は楽しまなければならない立場だったため、悶々としつつ日々のスケジュールをこなした2週間でした。

前置きが長くなってしまいましたが、今回のレポートは、100%受け身のツアー、最貧国の富裕層という特殊な側から見た、ニカラグアのほんの一部だということをご了承いただければと思います。

ニカラグアの首都はマナグア。
ですが、ここには「街」というものがありません。
大地震で壊滅後、ときの独裁者が義捐金を着服してしまったため復興が進まず、今もその爪跡が残っているのだそうです。
b0126715_1846720.jpg
マナグアの丘の上にあるトタンでできた真っ黒な像は、アメリカ軍を撤退に追いやったという国民的英雄、アウグスト・セサル・サンディーノ。

マナグアでは特に、庶民と富裕層の生活の場がはっきりと分けられていました。
ツアー御一行は高級ホテルへ。
周りには何もない下界と遮断されたような場所で、銃を持ったガードマンが立ち、塀には有刺鉄線が。
外は危ないということで外出禁止を言い渡され、ホテルにカンヅメ。
お年寄りや子どももいるし、何より結婚式が控えているので慎重にならざるを得なかったのでしょう。
マナグアでは外を歩くことができなかったため、実際の街の様子は分からずじまいでした。
b0126715_1192120.jpg
いったい何から守られているのでしょう……こちら側がまるで収容所のように感じました。

ニカラグアの主な観光資源は火山。
2週間中、じつに4回の火山登山が用意されていました。
b0126715_1848983.jpg
CherroNegro火山にて。
火山灰でできた山を登り、鉄板で滑り下りるという恐ろしい「火山ソリ」。
小さい岩や火山灰が積み重なってできている山なので、どんどん崩れ落ちていくのです……そこを重い板を担いで、両手足を使って這いつくばって登るのです……本当に危険すぎるんです!!
これっていったい何の罰なんだろう!?と自問してしまいました。
終了後は全身灰で真っ黒。血だらけの怪我人1名。

b0126715_19203785.jpg
登山第二弾のMonbachoでは約5時間トレッキング。
ジャングルの中にはすごい生き物、植物がたくさん。
b0126715_1923563.jpg

b0126715_19244165.jpg

b0126715_2139743.jpg
野生のばなな!!
b0126715_19253492.jpg



古都グラナダは、ニカラグア屈指の観光地とあって、旅行者相手の小奇麗なレストランやホテルもたくさんあります。
ニカラグアで見た他の場所に比べると格段に豊かな印象。
b0126715_1521846.jpg

b0126715_18332085.jpg
ここへ来て初めて、ほんのちょっぴり自由行動を許されました。
自分の足で歩けることの幸せを噛みしめながら、今しかチャンスはないっ!と生活の匂いのする場所を求めて、ごちゃごちゃしたエリアや市場を探検。
床屋に飛び込んで髪を切ってもらったことは、この旅でおそらく唯一の交流で、一番楽しい思い出となりました。
後で新婦に「私の行きつけのセレブな美容院に(結婚式のために)行ってほしかったのに!」と怒られることになるのですが……
私のささやかなレボリューションです。
b0126715_232420.jpg

b0126715_235883.jpg

b0126715_25624.jpg

b0126715_253885.jpg


b0126715_1835024.jpg
ニカラグアのフルーツのおいしさは感動的。とくにマンゴー!
b0126715_21404312.jpg
アボカドもそこいらじゅうにわっさわさとなっています。
ひょうたんみたいに細長いのと丸いのと2種類あるそうですが、どちらもとっても実が大きい!

b0126715_18352865.jpg
ニカラグアの伝統的な料理。
豆ごはんの「ガジョピント」は懐かしい美味しさで、毎日のようにお世話になりました。

b0126715_1925441.jpg
ニカラグアの伝統的なお菓子。
ピンクに色づけされたお菓子は、ココナツを砂糖で固めた「カヘタ・デ・ココ」
牛乳を練ってつくる「カヘタ・デ・レチェ」はザラッとしたキャラメルのような食感で、濃厚なコンデンスミルクみたいな味。

b0126715_18355355.jpg
レストランのデザートいろいろ。
ココナッツとはちみつを使ったプディング(美味!)の他には、チーズケーキやチョコレートケーキなど、大きくてアメリカンなものが多かったです。
食べ物に限らず、ニカラグア(の富裕層の世界)では、いたるところでアメリカの影響を感じました。
実際、マイアミへ移住する富裕層が多いのだそうです。
b0126715_2153523.jpg
売店のデザインは「コカ」か「ペプシ」がお約束のよう。

お菓子好きとして注目すべきは、ニカラグアは良質のカカオの生産地ということ。
カカオ豆を手作業で炒って潰して……というマヤ方式の伝統的なチョコレートづくりを体験しました。

~ニカラグアツアー、後半に続きます~
[PR]
by pudding-world | 2012-10-30 01:24 | ニカラグア