スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

                      これなぁ~んだ?
b0126715_20252993.jpg




                     正解は、チョコレート!



もうすぐイースター。
イースター=復活祭は、キリストの奇跡の復活を祝う宗教的祭典ですが、ヨーロッパでは国や宗教の枠を超えて、春を迎えるお祭りとしても広く親しまれています。

イースターのシンボルといえば、「うさぎ」と「卵」。
フランスなどではこれに「鐘」が加わることもあったりと、国や地域によって若干違いもあるようです。
うさぎが卵を運んでくるという話を初めて聞いた時には、なぜうさぎが卵を?卵産まないのに?と不思議に思ったのですが、多産なうさぎは”新生”を象徴しているのだそう。なるほどなるほど。

というわけで、この時期、街にはうさぎと卵があふれています。
お菓子屋さんのショーウィンドウも、スーパーも、うさぎや卵型のチョコレートがいっぱい。
それはそれは、クリスマスと並ぶくらいの賑やかさです。
b0126715_20322988.jpg

大人気のコンディトライ「ハイネマン」のショーウィンドウもイースター一色に。
このうずらの卵、本物そっくり!



b0126715_2033348.jpg

チョコレートだけでなく、様々なイースター雑貨も目を楽しませてくれます。
フェルト素材のうさぎのバケツに一目惚れ☆
中にはこだわり素材とおしゃれパッケージで人気の「コペヌール」のチョコレートを入れてみました。
見た目も味もシックな大人のためのイースターチョコです。



b0126715_2154475.jpg
おなじみ「Lindt リンツ」のイースターシンボルは、"Goldhase"(金うさぎ)。
スーパーやデパートでは、たくさんの金うさぎ商品であふれる、リンツ専用のスタンドが金色に輝いています。
陶器のカップはコレクションしたいほどキュート。



b0126715_20324491.jpg

リンツと並ぶ2大チョコレートメーカー「Milka ミルカ」からは、こんなびっくり卵が登場。
チョコレートの殻を割って、専用のスプーンで中のミルククリームをすくって食べます。




b0126715_20333964.jpg

いろんなイースタースイーツでお絵かき☆(作:pudding)



先日、近所のお店で買い物をしたら、カラフルに色付けされたイースターエッグをいただきました。
イースターの日には、庭や家のなかに隠した卵を子供たちが探す、という習慣があるのですが、このイベント、ちびっこたちに混じって私も楽しんでます(笑)

長い長い冬が終わり
待ちに待った春はもうすぐそこまできています!!
[PR]
by pudding-world | 2009-03-29 21:14 | ドイツ
バレンタインにホワイトデーと、日本では大量のチョコレートが消費される季節ですね。
こちらヨーロッパでは、女子から男子へチョコレートを贈るという習慣もその逆もありませんが、やっぱりみんなチョコレートは大好き。
チョコレートといえばベルギー、ということで(ちょっと強引に)今回はベルギーの巻き~
といっても高級チョコではなく、スーパーマーケットのお話です。

外国へ行くと楽しみなのがスーパーの探検。
スーパーや市場を覗くと、その土地の人々の生活が垣間見られるよう。
お国によってこんなにも違いがあるのだなあと興味深く、ついつい時間を忘れて楽しんでしまいます。
ベルギーのスーパーは、食品の豊富さとおいしい度の高さが群を抜いてすごい!
チョコレートやワッフルの棚のスペースの広さは圧巻だし、
ケーキやデザート類なんてとてもスーパーものとは思えないほどだし、
ディップやサラダなどのお惣菜も豊富できちんとおいしい。
さすがは食いしん坊の国だなあ、と思わず唸ってしまいます。

b0126715_5121376.jpg
ベルギーで特に好きなのが「DELHAIZE デレーズ」というスーパー。
高レベルなベルギーのスーパーのなかでも、デレーズはひと際食に対する情熱を感じます。
ここへ行くといつもテンションがあがってしまうのです。


☆我が家の買い物リストの一部(おやつ中心)をご紹介☆

b0126715_632722.jpg
まずは何をおいてもチョコレート。
象印のコートドールが定番です。
ちょっと食べたいときに便利なミニタブレットはカカオ70%のもの。
スティックタイプはいろんな種類があるのですが、私はシンプルな「Truffe」が好きです。


b0126715_634564.jpg
ベルギーのおやつといえばワッフル。
私は朝ごはんにもよく食べます。
大粒砂糖入りのどっしりタイプ、リエージュ風ワッフル(丸型)と
優しい甘さのふんわりタイプ、ブリュッセル風ワッフル(四角型)
どちらも大好き。


b0126715_64318.jpg
ベルギーが誇るビスケットの老舗メーカー「JULES」
ビスケットってこんなにおいしいものだったんだ!と感動。
良質バターたっぷりのビスケットやスペキュロスはシンプルながらしみじみおいしくて、ついつい食べすぎてしまいます。


b0126715_641918.jpg
ベルギー人が大好きなビスケット、スペキュロスがついにペーストになった!
今までなかったのが不思議なくらいですが、発売されるやいなや大人気商品になって品切れのこともしばしば。
それでも私のまわりには「パンにはやっぱりあのビスケットの食感がないと・・・」と、ビスケット派の人も多数います。


b0126715_5123681.jpg
自社ブランドのBIO(オーガニック)の商品も、生鮮食品からお菓子に雑貨まで、何でも揃ってます。
買いやすい価格でデザインも◎

他には
・ポテトチップス:ドイツのチップスはなぜかほとんどがパプリカ味なのでベルギーで調達。
・マヨネーズ:ドイツのマヨはなぜか甘い。一ℓ瓶もすぐに消費してしまうマヨラーの私は、ベルギーマヨを愛用。
・コルニション:=酢漬けキュウリ。大好物。フランスやドイツのものは大きいキュウリが多いですが、ベルギーには身のしまった小さいコルニションがあります。
・小海老:ベルギーやオランダの海で採れる灰色がかった小海老。ミニミニサイズだけどぎゅっと凝縮された深い味わいで、これをワサビマヨで食べるのが最高においしい!
・ビール:ベルギーには数千種類ものビールがありますが、私は白ビールのヒューガルテンにレモンをぎゅっと絞るのが好きです。

・・・といった感じで
我が家のキッチンはベルギーのスーパーにかなりお世話になっています。

ベルギーへ行かれる方は、チョコレート・ハントだけでなくスーパー探検もおすすめですよ~
作るの好きな人も、食べるの好きな人も、きっと楽しめる場所だと思います。


■DELHAIZE  http://www.delhaize.be/
ブリュッセル中心だと、Bourse(証券取引所)近くの大きいデレーズがおすすめ。
Boulevard Anspach 63   Bruxelles


♪♪本日の音♪♪
AMADOU&MARIAM  http://www.amadou-mariam.com/
マリ出身の盲目の夫婦デュオ、アマドゥとマリアム。
愛、平和、アフリカの現実、希望・・シンプルだけどグッとくるメッセージに思わず体が動くごきげんな音。
先日のブリュッセルでのライヴは最高でした!
Il n'y a pas de problème sans solution!!
[PR]
by pudding-world | 2009-03-10 23:36 | ベルギー