スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

<   2009年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

四国旅☆高知編

ドイツではイースターと同時に春がきて、お花も緑もいっぱい。気持ちのいい季節になりました。

日本ではそろそろゴールデンウィークですね。
今年は経済悪化やインフルエンザなど不安材料が多いので、海外に出かけるよりも日本国内で、という人が多いのではないでしょうか。
そこで今回のレポートは日本の巻、です。
年初の旅レポートが直島で止まったままでしたが、リクエストにお応えして、四国巡りで出会ったおもしろスポットや思い出の味を記しておきたいと思います。

まずは高知編~

直島を後にし、フェリーから夕日を眺めながら高松港に到着。
高知行きの電車が出るまで少し時間があったので夕食をとることに。
香川といえばさぬきうどん!ちょうどいいことに、駅に隣接するマリタイムプラザの中に老舗のうどん屋さん「川福」の支店がありました。
四国での記念すべき一杯目・・・お、おいしいっ!おすすめのざるうどんは、しこしことコシが強い麺そのもののおいしさを味わえる一品でした。のどごしの良さを考え抜かれて完成したという麺は創業以来変わらず太さ4ミリなのだそうです。

初さぬきうどんに大満足しつつ、アンパンマン電車・特急南風に乗って高知へ。
着いたのは真夜中でした。

明けて翌日は日曜日。
昨日のうちに高知に着いておきたかったのには理由があって・・


b0126715_2322663.jpg
これこれ!高知名物の日曜市!
300年以上の長い歴史を持つ日曜市は、高知城から続く1.3kmもの道に約500軒もの小さな店がひしめき合い、地野菜や果物、寿司に惣菜、陶器に植木に金魚etc.とびっくり仰天の品揃え・・・という話しを聞いて市場好きな私が惹かれないはずもなく、ばっちり日曜市に合うように旅のスケジュールを立てたのでした。

ヤシの木の下にズラ~ッとお店のテントが続く様は圧巻。
のんびりゆるりとした雰囲気も手伝って、なんだか日本じゃないどこか南国に来たような気分に。
バックに高知城がそびえているのがまたすごい・・こんな市場、世界中のどこを探してもないです!

右も左もおいしそうなものがもりもりで楽しい~!!

b0126715_2343558.jpg
日曜市限定のジュースで喉を潤し。。

b0126715_23529.jpg
名物フルーツトマトの甘さにびっくり!ジューシーで本当にフルーツみたい。


b0126715_2352110.jpg
果物屋さんで新鮮苺のチョコレートフォンデュをやってました。
これはトマトでやってもおいしいのでは?と思い、今までやった人はいないねえ・・と言われながらも挑戦。
不思議な味でしたが、けっこうイケました(笑


b0126715_2354946.jpg
大好きな柚子のお店もたくさん。
ほとんどが個人で作ってる物を売っているので、無農薬なうえに新鮮。
柚子果汁を買ったら、「これ持って行って。皺くちゃやけどお風呂に入れるといいよ~」と柚子の実をふたつ、いただきました。
ヨーロッパでは柚子が手に入らないのが残念。
この時買った果汁、大事に大事に使っています。

この市場では、文旦(ぶんたん)という初めての果物にも出会いました。
まず大きさにびっくり。食べてそのおいしさにもびっくり!
例えるならグレープフルーツをもっと甘くしたような・・あんまりおいしくて気がついたらまるっと一個食べてしまっていたのには自分でも驚きました。
b0126715_236983.jpg
           左端が文旦です。
b0126715_2362410.jpg
           この大きさ、伝わりますか?


市場の立つ追手筋沿いにある常設の屋台村「ひろめ市場」は、
高知のおいしいお土産がいっぺんに揃ううえにいろんな屋台から好きなものを選らんで食べられるので便利です。
観光客だけでなく土地の人たちが、若者も家族連れも店のおっちゃんおばちゃんも集まって遅くまでわいわいやってる雰囲気が楽しくて、何度も通いました。
b0126715_2371326.jpg
目の前で焼いてくれるカツオのたたき。おいしくないわけがありません!


高知では、日曜市の他にも曜日ごとに違う場所で市が開かれているのだそう。
なんだかちょっとフランスみたいだね、と相方と言い合いました。
なかでも南仏のプロヴァンス地方では、毎日どこかしらの村で市が開かれていて観光よりも市場めぐりが楽しみなくらい。(こちらはまたの機会にレポートしますね)
この南国っぽいゆるい雰囲気や、土地のおいしいものが集まるところや、お年寄りが元気なところも似ているような気がします。


市場の終わりにある城下町高知のシンボル、高知城の天守閣に登って景色を堪能したり、展示物で藩政時代の歴史を学んだ後は、
ちょっと足を延ばして桂浜まで行ってみました。
b0126715_2381082.jpg
桂浜の丘に立つ幕末のヒーロー、坂本龍馬(の像)に会い、
売店でイカ焼き(うまい!)を食べたり浜で遊んだりしているうちに夕日が沈んでいきました。


土佐人の気質は、龍馬がそうであったように、”いごっそう”(権力に屈しない反骨精神を持つ男性)、開放的で陽気、素直でまっすぐ、といわれています。
なるほど、高知で一日過ごしただけでもそれを実感できたような気がします。

さすがは自由でおおらかな高知人だなあ~と、ほれぼれしたワンシーン↓
b0126715_239941.jpg



高知、大好きになりました。


次は北上して松山に向かいます。
[PR]
by pudding-world | 2009-04-27 16:51 | 日本