スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ドイツの春のお楽しみ、シュパーゲル(白アスパラガス)。
初めて缶詰でない白アスパラガスを食べた時には、あまりのおいしさに驚愕しました。
以来、ドイツ人にも負けないほどの熱狂的シュパーゲルファンとなり、毎年この季節を心待ちにしている私です。
ドイツではシュパーゲルの出荷期間が6/24までときっちりと決められているので、正真正銘の季節もの。
今年もせっせと食べていたのですが、気がつけばもう終了間近!ああ、さみしぃ・・
ここにシュパーゲルの記録を残しておきたいと思います。


b0126715_1314062.jpg
ドイツでは、シュパーゲルを茹でてオランデーズソースや溶かしバターをかけるのが一般的な食べ方。付け合せの定番はハムやじゃがいもなど。
写真は、コルニション(ベルギーのピクルス)とゆで卵入りの相方特製ソースです。


我が家で一番好きな食べ方は、ずばり「わさびマヨ醤油」。
わさびマヨ醤油につけたシュパーゲルをごはんにのっけて海苔で巻いて食べると、もう~たまらないっ 何度食べても毎回うなってしまいます。
友人におしえてもらったシュパーゲルご飯(バター醤油で炒めたシュパーゲルを炊き上がったごはんに混ぜる)や天ぷらもお気に入りメニューです。

他にもいろいろと試してみたいな~と思っていたところ、
我が家が毎年クリスマスクッキー作りに参加している料理教室で、「苺とシュパーゲル」というまさにうってつけの会があるというので喜び勇んで行ってきました。
この日のメニューは。。。

b0126715_5123975.jpg
シュパーゲルのクリームスープ
これもシュパーゲル料理の定番。うちでもシュパーゲルの茹で汁を使ってよく作ります。
ほのかな苦味がクリームでまろやかになってとってもおいしい。
シュパーゲルのマリネ
赤いものはなんとスイカ!斬新・・・。
シュパーゲルを生で食べたのは初めてでしたが、シャキシャキの歯応えが心地よく、けっこういけます。
スイカとの相性はというと・・・なんとも特別な味でした。


私たちが担当した1品、
b0126715_1332143.jpg

山羊チーズのパイ包み焼き、苺リュバーブソース添え
簡単でとってもおいしかったので作り方メモ☆
一口大に切ったリュバーブをバターで炒め、白ワインと蜂蜜とローズマリー少々を加え、柔らかくなったら苺を加えて軽く煮ます。
パイ生地に山羊チーズを包んで焼き、ソースを添えてできあがり。



b0126715_134777.jpg
グリューナーシュパーゲル(緑のシュパーゲル)のピザ
ドイツでアスパラというと白アスパラのことで、グリーンアスパラは”緑の”アスパラと呼ばれます。緑が主流の日本とは逆ですね。


デザートは、
b0126715_1344089.jpg
ミルクライスボールと苺マカロン
お米を甘く煮たミルクライスのボールは、日本のおはぎのような感じ。苺のソースを添えて。
ココナッツをたっぷり使ったマカロンにはクワルクチーズのクリームをのせてさっぱりと。


たくさんの新しい味に出会えて大満足のひとときでした。
何より、みんなで作って一緒に食べるっていうのが楽しいんですよね。


後日、料理教室に触発されたのか、旬の果物でコンフィチュールを作ろう!と思い立ち、マルクトで大量の苺とリュバーブを買ってきました。
b0126715_57122.jpg

苺は日本の旬とはちょっとずれていて、こちらでは今が真っ盛り。
近所に土地の農家が集まるマルクトがあるんですが、ここにすごくおいしい苺があって。
本当にお砂糖がかかってるみたいに甘いんです。


b0126715_573499.jpg
苺、リュバーブ、苺とリュバーブのミックス、と3種類作りました。
太陽の恵みをいっぱいに受けて育った果物で作ったコンフィチュールは、みずみずしくてそのままでも食べられるくらいにおいしい!
パンに、ケーキに、アイスやヨーグルトに・・とあっというまになくなってしまいそうです。

食品は、遠くから運ばれてくるものより土地のもの、一年中食べられなくてもいいから自然に育てられた季節のものをできるだけ買いたいと思っていますが、コンフィチュールみたいに加工しておけばいつでも旬の味を楽しめますね。
長~い冬に備えて、今からせっせとコンフィチュール作りに励もうと思う今日この頃です。
[PR]
by pudding-world | 2009-06-23 18:00 | ドイツ

四国旅の最終地、琴平温泉にやってきました。
b0126715_21591958.jpg
まずは「一生に一度はこんぴらさん」といわれる金刀比羅宮へおまいりするべく、急な石段を登っていきます。(ぜんぶで1368段!)
参道沿いに並ぶおみやげ物屋や茶店に気を取られながら進んでいると、どこからか甘~い香りが。。。
b0126715_21595843.jpg
ほんのり卵風味の「船々せんべい」。焼きたてはまた格別でした!



b0126715_2202068.jpg
表書院では「パリ凱旋帰国展」と題した展示を開催中でした。
昨年パリの美術館で開催された展示会では、作品だけでなく、なんと部屋そのものも再現して空間まるごと体験できるようにしたというから素敵。もちろん大盛況に終わったそうです。
書院には丸山応挙をはじめ重文級の障壁画が所蔵されていて、通常は非公開の若冲の襖絵も、パリからおかえりなさい!ということで特別に公開されていました。
それはそれはすごい空間で・・・圧倒されてずっとため息つきっぱなしでした。
古くから「文化のパトロン」だったこんぴらさんは、庶民信仰のメッカというだけでなくものすごい芸術品の宝庫だったんですねえ。

書院の奥には田窪恭治さんが作成中のダイナミックな椿の障壁画が。
田窪さんは、フランスのノルマンディ地方の小さな村で、うち捨てられていた古い礼拝堂を再生させたことでも知られる美術家です。
少し前にそこを訪れていた私は、不思議な縁を感じました。

現在はこんぴらさんの文化顧問でもある田窪さんの絵は、新茶所(カフェ)の壁画でも見ることができます。
b0126715_2203995.jpg
資生堂パーラーのプロデュースでその名も「神椿」。
フランスの礼拝堂再生プロジェクトの話に、当時いちはやく賛成、支援してくれたのは日本の美術界ではなく、資生堂の社長さんだったとか。
それにしても神社にカフェ、なんて大胆なことですよね。
こんぴらさんって頭が柔らかいなあと感心したのでありました。



こんぴらさん界隈にはおいしいさぬきうどん屋さんが点在していると聞いて、夕飯はうどん!と決めていた私たち。
宿のスタッフに夜も開いてるうどんやさんをおしえてもらって、いざ!さぬきうどん2杯目へ。
タクシーで田んぼや畑の続く道をしばらく走って辿り着いたのは、「山下うどん」。
b0126715_2222438.jpg
勝手がわからず、メニュー表からカレーうどんと天ぷらうどんを注文。
後で知ったのはここでは「ぶっかけ」が人気らしく、まわりを見るとみんなほとんどそれを食べていました。
大きな徳利に入ったダシをぶっかけていて、ちょっとうらやましかったなあ。

b0126715_2224625.jpg
でもこちらもものすごくおいしかった!麺は驚くほどのコシ!しょうがは自分で好きなだけすりおろすっていうのもなんだか楽しい☆

b0126715_223878.jpg
味がしみしみの真っ黒おでん。いいだこおでんは8本足が広がり縁起がいいといわれているのだそう。

帰りは腹ごなしのために駅まで歩いて帰ったのですが、人は通らず車だけがびゅんびゅん通る真っ暗な道でしかも思ったよりうんと遠かったのでへとへとに・・・(汗)。


このあと宿でスタッフ手書きのファイルを見ていたら、おすすめの宿特製ラーメンをどうしても食べたくなってしまって・・・これが妙においしかった!
朝ごはんもすばらしくて。らっきょのワイン漬け、買ってくればよかったなあ。
お風呂もよくて、親切で、気持ちいい宿でした。



翌日、駅ひとつ隣の善通寺へ。
弘法大師生誕の地とあって、お遍路さんの姿も多く見かけました。
b0126715_2285073.jpg


b0126715_2291120.jpg
駅から続く通りに出ていた移動式のパン屋さん。スイーツ系も充実していて、しっとりマフィンがおいしかったです。


善通寺の薬師如来は圧倒的な存在感でしたが、境内には他にも印象深いものがいっぱいでした。

b0126715_225688.jpg

樹齢1300以上ともいわれる大きな大きな楠の木。弘法大師生誕の頃にはもうすでに繁茂していたんですね。


b0126715_2294295.jpg


b0126715_2255620.jpg
境内のまわりを囲むように並ぶ五百羅漢像。みなさん表情が個性的すぎて、ついつい見入ってしまいました。
b0126715_22101888.jpg

b0126715_22104868.jpg



1週間の四国旅もこれにて終了。
4つの国と書いて四国・・・ほんとうに違う国が合わさったようにそれぞれに個性的な土地で、まるで外国を旅しているみたいな気持ちになりました。
山や海と同じように、信仰が普通に生活の中にあって。その自然でワイルドな感じは心地よく感じました。
楽しくて、おいしくて、まだまだ不思議がいっぱい潜んでいそうな四国。
またいつかじっくり旅してみたいです。

b0126715_2211596.jpg





◆◆本日の一冊◆◆
「林檎の礼拝堂」 田窪恭治著 集英社刊
一人の日本人美術家が、ノルマンディの小さな村サン・マルタン・ド・ミューで廃墟と化していた礼拝堂と運命的に出会い、「りんごの礼拝堂」として再生させるまでの奇跡のような軌跡。
[PR]
by pudding-world | 2009-06-04 00:15 | 日本