スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

前回のライプツィヒに引き続き、今回も旧東ドイツの街からお伝えしたいと思います。

ライプツィヒから列車に乗って、さらに東へ向かうこと一時間あまり、
着いたのはドレスデンの街。
この街でまず目に飛び込んでくるのが、壮麗なバロック建築の数々。
b0126715_18516.jpg
奥に見えるのはドレスデン城。右は大聖堂です。地下にはアウグスト強王の心臓が納められているそう・・

この豪華絢爛な街並みの基礎を築いたのは、ドレスデンがザクセン王国の首都だった当時、ザクセンーポーランド王だったアウグスト1世。
その偉業っぷりから、アウグスト強王とも大王とも呼ばれています。
こんな贅沢な建物をじゃんじゃん作ってしまうなんて、強王の権力はものすごく強大だったのでしょうね。
その美しい街も第二次世界大戦で破壊されてしまったので、現在の建物の多くは原形に忠実に復元されたものです。

b0126715_1544245.jpg
奇跡的に戦火を免れたヨハンノイム(交通博物館)の壁画「君主の行列」。歴代ザクセン王たちが、25000枚ものマイセン磁器タイルで描かれています。

b0126715_1541478.jpg
第二次世界大戦で崩壊した後、その瓦礫の山が「戦争の傷跡」として長い間放置されたままだったフラウエン教会。
東西統一後に再建運動が盛んになり、1994年に工事開始。オリジナルに忠実に、できるだけ元の資材を使用し、ひとつひとつのパーツが元の場所へ埋め込まれました。黒と白のつぎはぎのように見えるのはそのためです。
「世界最大のパズル」ともいわれた気の遠くなるような作業を経て、2005年にようやく完成。
てっぺんには、イギリスから和解の印として贈られた新しい十字架が。この十字架は、ドレスデンを空爆した英軍兵の息子さんが制作したそうです。
「平和と和解の象徴」となった現在のフラウエン教会を前に、いろんな思いで胸がいっぱいになりました。


ドレスデンのみどころは、バロック建築群を中心に主にアルトシュタット(旧市街)に固まっていて、ガイドブックで紹介されるのもほとんどがこの辺りなのですが、
エルベ川の対岸、ノイシュタット(新市街)にもぜひとも行ってみたいおもしろスポットがあります。
とくにスイーツ好きさんにおすすめしたいのが、「プフンツ・モルケライ」というミルク屋さん。
このお店、なんとギネスブックで、”世界一美しい乳製品店”として認定されているのです。

b0126715_1133981.jpg
息を呑むような美しさ!壁はヴィレロイ&ボッホ社製のオリジナル手描きタイルで埋め尽くされています。実際にこの場所に立った時は、あまりの美しさにくらくらしてしまいました。これはたしかに、世界一に違いないでしょうね。

b0126715_1165457.jpg
牛乳やチーズなどの乳製品はもちろん、お菓子、アルコール、石鹸・・etc.ミルクを使ったあらゆる物を売っています。

b0126715_1175149.jpg
店のタイルがデザインされたポストカードや、キュートなマグネットも。

b0126715_1212997.jpg
2階のカフェでは、チーズケーキをいただきました。コクがありつつもさっぱり軽くておいしかったです。

b0126715_2565752.jpg
バッグもこんなに美しい!ドイツでは、あらゆるお店でオリジナルの布バッグを売っています。もともと買い物用に作られたものなのでお値段も手頃だし、旅の思い出にもなるので、可愛いデザインを見かけるとついつい買ってしまって・・まるで布バッグ収集家のようになってます。布バッグ・コレクション、いつか公開しますね。


ミルク屋さんのある新市街のなかでも、オイセレ・ノイシュタットと呼ばれる界隈はアート&カルチャー色が強く、個性的なお店が点在していて、お散歩が楽しいエリア。

b0126715_1223045.jpg
アーティストたちが運営する「クンストホーフ・パッサージュ」には、個性的で手作り感いっぱいなショップやカフェが集合。多国籍でオープンな雰囲気が心地よいです。


東西統一後、復興や再開発が進んでいるドレスデン。
街はどんどん活気づき、明るい雰囲気が漂っています。
ですが、新しい建物ができる一方で、打ち捨てられたようなぼろぼろの建物もたくさんあって、なんだか複雑な気分になってしまいました。
西との経済格差など問題はまだまだ山のようにありますが、新旧が共存する街ドレスデンの移り変わっていく様子を、見守っていきたいと思います。
b0126715_2514977.jpg



■Dresdner Molkerei Gebrüder Pfund ドレスドナー・モルケライ ゲブリューダー・プフント
Bautzner str.79 01099 Dresden Tel:0351-808080


◆◆本日の映画◆◆
DRESDEN(邦題:ドレスデン 運命の日)2006年ドイツ映画
戦後60年、加害者として罪の意識と向き合ってきたドイツで、初めて映画化された史実。
戦争がいかに無意味でむごいものか。空爆で一瞬にして廃墟となった街の悲劇を、ドイツ人、英国人、ユダヤ人・・多面的な視点から描かれています。
[PR]
by pudding-world | 2009-12-09 21:19 | ドイツ