スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world

<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2月に入り、日本ではバレンタインデーに向けてますます盛り上がっている頃ですね。
ヨーロッパではバレンタインデーの存在すら知らない人も多いのですが、一応は「大切な人を想う日」という位置付けで、お祝いする際にはパートナーへお花を贈るというのが一般的のようです。
バレンタインデーにチョコレート、というのは日本のお菓子屋さんが考えた日本独自のイベントですものね。

そんなかんじでこちらではバレンタインデーは何事も無く過ぎていくのですが、ここはひとつ日本人らしく(?)チョコレートで盛り上がってみたいと思います。
題して「おうちでサロン・デュ・ショコラ in アルザス」!!
ストラスブールを中心に、アルザス地方のおいしいショコラを集めました。

Christian クリスチャン (ストラスブール)
b0126715_19592158.jpg

ケーキもおいしい『クリスチャン』ですが、スペシャリテはなんといってもショコラ。
スパイスやフルーツなど様々な風味を調和させて奥深い味わいを生み出す技には脱帽です。
ジャマイカのチリがピリッときいたスモーキーで男性ぽい「ジャマイカ」、クエッチ(この地方特産のプラム)のガナッシュにスペキュラス風味を加えた「インディアンの夏」。
フランボワーズのガナッシュにラベンダーとローズで風味付けした華やかなショコラの名は「自由」。
小さな一粒のなかに物語がこめられているかのように様々な世界(味)が広がります。
フェアトレードのショコラを取り入れているのもすてきです。


Kubler キュブレー (ストラスブール)
b0126715_2041985.jpg

浅見シェフのいらっしゃる『キュブレー』は、日本の催事でも紹介されていますね。
ストラスブールにあるお店は、とてもフランスらしい、しっかり地域に根ざしたお店です。
クラシックな雰囲気のなかにも個性的なお菓子がいっぱい。
ショコラも、アルコールのしっかりきいた古典的なものからモダン系ガナッシュまで幅広く揃っています。
苺やライチ、バナナといったみずみずしいフルーツ風味のショコラが特に好きです。


THIERRY MULHAUPT ティエリー・ミュロップ (ストラスブール)
b0126715_2023355.jpg
        ハート型ショコラやバラのギモーブを詰め合わせたバレンタイン商品。
b0126715_2012137.jpg

「カシス」「バルサミコ」「ローズ」・・・とひとつひとつの素材をフィーチャーしたシンプルなショコラたちは、風味をきかせつつもカカオを主役にした上品な味わい。
形も味もすっきりと洗練されていてクールな印象です。
ここでは唯一「バレンタイン向け商品」をみかけました。
日本語のパンフレットもあったりして、ある意味とても日本に近い店かもしれません。


GILG ギルグ (マンステール、リボーヴィレ、コルマール)
b0126715_2052120.jpg

チーズで有名なマンステール村に本店がある『ギルグ』は、田舎とは思えないモダンなパティスリー。
ショコラの素材使いにも工夫が見られ、アルザスワインを代表するゲヴュルツトラミネール風味(マンステールチーズ型)や、とろとろの塩キャラメルや、ごまたっぷりのショコラなど、楽しいラインナップです。


JACQUES ジャック (ミュールーズ)
b0126715_2063922.jpg

アルザス地方南部の街ミュールーズにある『ジャック』は、スイーツ好きにとっては憧れのパティスリー。
ルレ・デセール元会長のオーナーの元で修行したパティシエは数知れず。
ジャックのお菓子は奇をてらったものが無く、ごくごくシンプルなものばかり。なのにどれも味わい深く強い印象を残すのは、素材の良さ(バターはエシレ、チョコレートはヴァローナ)と丁寧な仕事の成せる技でしょう。
写真はチョコレートがふんだんに使われているプティ・フール。
オレンジ風味のフロランタン、カカオ感たっぷりのコロネ、マカロンなどなど、スイーツの中では地味な位置にいるプティ・フールのひとつひとつにも丁寧な仕事がされていて感激しました。

・・と、こんな感じでひっそりとチョコレート祭りを開催してみたものの。
このところヨーロッパはアラブ諸国のニュースでもちきりで、その様子をみているとどうしようもなくもやもやしてしまいます。
人々が命がけでデモをしているその時に、かたやチョコレートを並べて食べ比べなんてしている私のなんと幸せでのんきなことか!
正直なところ、食の仕事に関わるようになってからはますます、そして海外に出ていろんな国や人々を知れば知るほどそのあまりの環境の不公平さに、私の中である種の罪悪感のようなものが大きくなってきています。
チョコレートひとつとってみても、様々な問題をかかえたカカオ生産地について考えると心穏やかではいられません。
それでも、最近はビオやフェアトレードがどんどん注目されてきているし、シェフのなかにも産地と協力して独自のカカオを栽培する人もでてきたりと、ちょっとずつ良い方向へ、消費者も生産者もハッピーになれる方向へ向かっていると思うのです。
秋に開催されたパリのサロン・デュ・ショコラでは「Ethic 倫理」をテーマに、オーガニック、サステナブル、フェアトレード、といったことがクローズアップされました。(※日本版サロン・デュ・ショコラは違うテーマです)
日本でも「チョコレボ」というすてきなキャンペーンがあります。
チョコレートによるLOVE&PEACEなレボリューション。
―「人と地球にやさしいチョコ」がどこでも気軽に買えて、原料のカカオをつくる人も、チョコを作る人や売る人も、そしてそのチョコを楽しむ私たちも、みんながハッピーになれる世界をつくること。― を目標に2006年から活動を続けています。

チョコレートに限らず、その商品が手元に届くまでの背景に興味を持つこと(環境が侵害されていないか、不当な搾取が行われていないか・・)、
消費者である私たちひとりひとりの意識で、世界は変わっていくと思います。



チョコレートレボリューション「チョコレボ」
http://www.choco-revo.net/

■Christian
10,rue des l'Outre 67000 Strasbourg Tel:03 88 32 04 41

■Kubler
29,avenuedes Vosges 67000 Strasbourg Tel:03 88 35 22 27

■Épice et Chocolat(ティエリー・ミュロップのショコラ専門店)
5,rue du Temple Neuf 67000 Strasbourg Tel:03 88 32 43 80

■GILG
60,Gran'Rue 68000 Colmar Tel:03 89 23 96 84 (コルマール店)

■PATISSERIE JACQUES 
50,Avenue d’Altkirch 68100 MULHOUSE Tel:03 89 44 27 32


                     ◆◆ 本日の1冊 ◆◆
b0126715_2354826.jpg

『世界がもし100人の村だったら』池田香代子著 マガジンハウス刊
とてもシンプルで、大切なことがいっぱいつまったお話。
忘れないように、時々開いています。
世界各国で翻訳されていますが、なんとフランス版には英語ではなく日本語が併記されているのですよ。わがやでは日仏の友人たちへの贈り物として定番化しつつあります。
原訳者の中野裕弓さんのページ
[PR]
by pudding-world | 2011-02-04 00:01 | フランス