スイートネットワーク海外支部"プリン"が世界中のいろんな場所で出会った甘い(時にはビターな)お話をお届けします。


by pudding-world
ボニューから山を越えて10kmほどのところにある「フランスで最も美しい村」のひとつ、ルールマランLourmarin。
この村に一歩入ると、リュベロンの他の村にはない洗練された雰囲気が漂ってきます。
レストランやショップも地元の人向けというよりもこのあたりに別荘を持つパリジャンや富裕層相手と思われるものがほとんどで、とても田舎の村とは思えないスノッブな空気に満ちています。
建物や家並みは趣があって美しく、オリーブ畑やひまわり畑に囲まれてのんびり落ち着いた佇まい。
アンリ・ボスコやジャン・グルニエなど、ルールマランが舞台の作品を残した作家も多く、この地に魅せられたアルベール・カミュは晩年に家を買って移り住み、村はずれの墓地に埋葬されているのだそうです。

b0126715_719331.jpg
       15~16世紀に建てられたルールマラン城は優雅なルネッサンス様式。

b0126715_7213077.jpg
           村の中心広場にあるカフェにはハイソな雰囲気の人々でいっぱい。

b0126715_7542159.jpg
以前はミシュランの2つ星だったホテルレストラン『ムーラン・ド・ルールマラン』はシェフのエドゥアール・ルベがボニューに移った後、カジュアルなカフェに。

b0126715_693816.jpg
ムーラン・ド・ルールマランのパティスリー。ジューシーなメロンはプロヴァンスならでは。

b0126715_7503022.jpg
どこかもっと穴場なカフェはないかなあ・・と見つけたのがこの屋上カフェ。開放感があってアペロ(食前酒)の時間にぴったり。

b0126715_742377.jpg
洗練されたインテリア雑貨で有名な店『コテ・バスティード Cote Bastide』の入口。

b0126715_743072.jpg
重厚な石造りのコテ・バスティード。まるで優雅な邸宅のようなシックなディスプレイ。

この村を歩いていてもほとんど地元の人らしき人を見かけることはなく、不思議なほど生活の匂いというものが感じられません。
美しい村なのだけど、なんだかちょっと物足りなく感じてしまった私は、庶民の生活感を求めて近隣の村へ向かいました。

まずはアンスイAnsouisへ。
この村もルールマランと同じく「フランスで最も美しい村」に登録されていますが、村というより集落といったほうがしっくりくるような小さな小さな村です。
b0126715_8233683.jpg
            ありました!生活感!(笑)こういうの見ると嬉しくなります。

b0126715_8204782.jpg
           こっちにも!あちこちではためく洗濯物が印象的な素朴な村。

この村には、まるで別世界のようにゆっくりのんびりとした時間が流れています。
昔も今もきっと変わらないのでしょう。
まったく観光化されていない、正真正銘の田舎の暮らしを肌で感じることができます。


お次は、アンスイからわずか5kmのところにあるキュキュロンCucuronへ。
映画の撮影に何度も使われている可愛らしい村です。
村の中心には池の広場があって、まわりにはカフェやレストランが並び人々の憩いの場となっています。
b0126715_851098.jpg
              池のまわりを囲むプラタナスが水面に映ってきれい。

b0126715_8544861.jpg
           村のおじさんたちがパスティス片手に集う角のカフェでランチ。

b0126715_859993.jpg
             民家の窓にはプロヴァンスのシンボル、セミの飾りが。

b0126715_901234.jpg
              この平和な村では、猫ものんびり気持ち良さそう。

b0126715_904651.jpg
高台にある城跡まで行くと、オリーブの木々の間からリュベロン平野が一望に!

気の向くままに村を散策している途中、素敵な雑貨屋さんや陶器のアトリエをぽつぽつと見かけました。
こんな小さな村なのにレストランも充実しています。
ここに限らず、フランスではどんな辺鄙な田舎の村に行ったとしても、胃袋が満たされないことはまずないでしょう。
地方へ、田舎へ、行けば行くほどフランスの魅力、底力のようなものをよりいっそう感じられるような気がします。
[PR]
# by pudding-world | 2010-11-30 08:46 | フランス
リュベロン地方の中心地といわれるアプトAptは、小さな村が多いリュベロンのなかでは一番の大きな町。
土曜日に開かれる朝市はフランスのマルシェ百選にも選ばれるほどの規模で、町中にお店と人があふれて活気に満ちています。
この辺りの農作物の集約地とあって、新鮮な野菜に果物、肉に魚、地方特産のはちみつやラベンダーから雑貨まで、ありとあらゆるものが勢揃い。

b0126715_23364018.jpg
町の中心の通り沿いに並ぶ商店にもパティスリーや食材などおいしいものがいっぱい。

b0126715_233719100.jpg
      フルーツ栽培が盛んな地とあって、手作りコンフィチュールの種類も豊富。

b0126715_2337409.jpg
           ハード系が中心のパン屋さん。かみしめるほどに味わい深い。

b0126715_23501063.jpg
     どれもおいしそうで迷ってしまうソシソン。ロックフォールチーズ入りなんていうのも。

b0126715_23503868.jpg
トマトだけでこんなにたくさんの種類が!フランスではクール・ド・ブフ(牛の心臓)と呼ばれるヒダのあるトマトが最近の人気だとか。

b0126715_23462342.jpg
      かごバッグのお店は商品があふれすぎてこんなところにまでディスプレイ(笑)

b0126715_0113494.jpg
店先のラベンダーに惹かれて雑貨屋さんへ入ってみると、奥に量り売りのコーナーが。
大きなガラス瓶に入ったオイルや色とりどりのお酒などがずらり並んでいます。
液体ソープの量り売りまであったのにはびっくりしました。
b0126715_012053.jpg
              リカーの量り売り。カラフルでとってもきれい。


アプトはあるスイーツでも有名です。
それは果物をまるごと砂糖漬けにした甘い甘いお菓子「フリュイ・コンフィ」。
フランスでは、アプトといえばフリュイ・コンフィ、というぐらいに広く知られています。
フリュイ・コンフィの歴史は古く、プロヴァンスでは中世の頃から作られていたそうです。
あまり豊かでなかったこの地方では、高価なバターやクリームよりもフルーツをそのままいかしたお菓子作りが発達していったようです。
街のあちこちのお菓子屋さんに、メロンやさくらんぼ、オレンジ、アプリコット・・たくさんの種類のつやつや鮮やかなフリュイ・コンフィが並んでいます。
b0126715_03549.jpg
         なんとサボテンの実までもがフリュイ・コンフィに!(写真右)

街なかのパティスリーでは伝統菓子だけでなくモダンなデザインのケーキも見かけました。
b0126715_081744.jpg
        真紫色のケーキというのは斬新ですね。フランスならではの色使い。


アプトは観光色はあまり無い町ですが、地元の人々が買い出しに来る日常的風景に混じって、新鮮でおいしいものをあれこれ吟味するのは楽しいものです。
アプトへ行かれるなら、ぜひとも土曜日に☆
[PR]
# by pudding-world | 2010-11-11 00:12 | フランス
ヴォークリューズの泉から流れるソルグ川の支流に囲まれた町、リル・シュル・ラ・ソルグは、アンティークの町として知られています。
人口2万という小さな町に、古物商が200以上もあるというのだからすごいですよね。
日曜日には運河沿いにアンティーク市が開かれ、たくさんの人で賑わいます。

b0126715_19542047.jpg


アンティーク以外にも、食料品や雑貨の市が立ち、町全体が大きなマルシェのよう。
色とりどりの新鮮な野菜にフルーツ、ソシソン(ソーセージ)にフロマージュ、それにスイーツ・・・食いしん坊なら興奮すること間違いなしの活気にあふれた市場です。

b0126715_19581129.jpg
       いろんな種類のソシソンが山盛りに。気軽に味見させてくれます。

b0126715_2342874.jpg
  量り売りのオリーブ。プロヴァンスプリントの布に包まれていっそうおいしそうに見えます。

b0126715_2001445.jpg
栗の葉に包まれているのはバノンという特産チーズ。乳製品があまり生産されないこの地方では、羊や山羊のチーズが主流。

b0126715_2073564.jpg
        バニラやミント入り苺のコンフィチュールなど興味深い種類がいっぱい。

b0126715_2085017.jpg
つやつやおいしそうなタルト。アプリコットにピスタチオの組み合わせはプロヴァンスの定番。

b0126715_2011586.jpg
カフェでひと休み。マルシェの日は街中のカフェが大忙しです。手前にあるのはお花の屋台。

マルシェめぐりの途中、すてきなお店を発見。
チーズ屋さんの店先で、ワインと共にいろんなチーズをいただけるのです。
b0126715_2134962.jpg
プロヴァンスのチーズを中心にちょっとずつ盛り合わせていただきました。至福の時間。

2006年にオープンして以来大人気のおいしいチョコレート屋さん「ラ・クール・オ・サヴール」も見逃せません。
ボンボンショコラにフルーツやナッツ入りのタブレット、マカロンにギモーヴ・・と小さな店内には美味しそうなスイーツがぎっしり!
アトリエが併設されているので運がよければ見学できるかも☆
b0126715_2221459.jpg
            チョコレートのオブジェなどアートなディスプレイも必見。


町をぐるっと取り囲む運河では、カヌーの試合が行われていました。
かなり白熱していて観客たちも大盛り上がり。
b0126715_2205113.jpg


この運河の水が生まれる源が、リル・シュル・ラ・ソルグの東にあるフォンテーヌ・ド・ヴォークリューズです。
b0126715_23461019.jpg
ここは乾燥したプロヴァンス地方にあるとは思えないほど、緑と水があふれる風光明媚な場所。
バスクリンみたいな不思議な緑色をした川沿いを歩いて奥へと入っていくと、洞窟のような場所にたどり着きます。ここが「ヴォークリューズの泉」。
春秋のシーズンには毎秒90㎥もの水が湧き出るのだそうですが、この水がいったいどこから来るのか調査でもいまだ明らかにされていないそう。
人間の常識では考えられない不思議なことが、自然界にはたくさんあるのですよね。
そのあまりに偉大な存在に、畏敬の念をいだかずにはいられません。
b0126715_23463678.jpg
自然の神秘に思いを馳せながら。。。しばしエネルギー補給。




■La Cour aux Saveurs
2,rue Louis lopez Tel:04 90 21 53 91


◆◆ 本日の1冊 ◆◆
『ホテル・パスティス』ピーター・メイル著 河出書房新社刊 
南仏12ヶ月シリーズでおなじみのメイル氏の長編小説。リル・シュル・ラ・ソルグの銀行強盗とリュベロンのホテル建設。まったく別のところで同時進行する二つの計画がやがて交差する・・過去に挫折しつつも夢を持って生きている登場人物たちがなんとも個性豊かで、ぐいぐい引き込まれていきます。映画化するのならこちらのお話の方がうんと魅力的だったのになあっと個人的には思っています。
[PR]
# by pudding-world | 2010-10-14 17:33 | フランス
リュベロン地方でもっとも観光客が多い村といえば、ゴルド。
ゴルドの魅力はなんといっても幻想的な景観です。
その姿は、まさに天空の城!
b0126715_3175821.jpg
         宮崎駿先生の「天空の城 ラピュタ」のモデルともいわれています。

地方自然公園に指定されているリュベロンにはほとんど開発の手が入らないため、昔と変わらない素朴でのどかな雰囲気を残していますが、それでもここゴルドだけはちょっぴり観光化されているのは否めません。
他の村に比べるとホテルの数も格段に多く、村の中心にはレストランや土産物屋などが並んで大賑わい。
夏のシーズン中ともなるととても田舎の村とは思えないほどの混雑ぶりです。
b0126715_3333161.jpg
             女の子が好きそうな可愛い雑貨屋さん。

b0126715_3343884.jpg
                瓶詰めなどの食材中心の土産物屋さん。

b0126715_3372214.jpg
       ローズマリーやタイムなど、プロヴァンスらしいはちみつがいっぱい。

b0126715_3381938.jpg
              プロヴァンスのシンボル、せみの飾り物。

b0126715_340699.jpg
映画「プロヴァンスの贈り物」の舞台になった広場(この映画、恋愛中心なのでプロヴァンスファンにはちょっと物足りないかも?)。

b0126715_3524783.jpg
           「私の父はパティシエでした」という名前のカフェ。

b0126715_3521841.jpg
リュベロンに点在するボリーBoriesと呼ばれる石造りの建物がゴルド周辺にはいっぱい。


ゴルドから北西2kmほどの人里離れた谷間にひっそりとあるセナンク修道院も、観光客のほとんどが訪れる場所でしょう。
一面に広がるラベンダー畑と修道院の写真はプロヴァンスで最も有名な風景の一つです。
俗世から隔離された場所で禁欲的な生活をおくるシトー会の修道院・・・ほかの教会のようにきらびやかではない簡素なたたずまいを前にすると、なんともいえない静けさが心に広がっていくようです。
b0126715_495849.jpg
            ラベンダーの季節(6~7月)はさぞかし美しいことでしょう。


*今回のレポートはスイーツが登場せずに終わってしまったので、前回のボニューのはちみつ屋さんで掲載できなかったスイーツをご紹介しますね。
b0126715_4232696.jpg
はちみつを使ったフランス菓子の定番、ヌガー(右)とエクス・アン・プロヴァンスで特産のお菓子、カリソン(左)。

b0126715_427178.jpg
    はちみつたっぷりのパン・デピス(左)と、まろやかな甘さが後を引くキャンディ(右)。



◆◆ 本日の1冊 ◆◆
『 南仏プロヴァンスの昼下がり 』ピーター・メイル著 河出書房新社刊
南仏エッセイ3部作の完結編。原題は「アンコール・プロヴァンス」。数年のアメリカ生活を経て帰ったメイル氏を変わらない姿で迎えてくれたプロヴァンスへの、感謝と愛情溢れるますます観察眼の冴えた1冊。物事を否定することが好きな偏見に満ちたメディアへの、ユーモアたっぷりの反論は痛快!メイル氏のように、何事も肯定的に見て違いをみとめたうえで楽しく共存していきたいものです。
[PR]
# by pudding-world | 2010-09-22 04:11 | フランス
メネルブ村から東へ10kmほどいくと、丘の上にへばりついた鷲の巣村のボニューBonnieuxが見えてきます。
メネルブと同じく小さな村なのですが、ボニューには、こんなところに?!とちょっとびっくりするような洗練されたお店やレストランがあって、
リュベロンのなかでも特に有名人の別荘地として人気だというのもうなずけます。
でも、私にとってのボニューの魅力はなんといっても極上の景色。
b0126715_2022431.jpg
            高台から見下ろすリュベロン谷。雨上がりの虹が!

金曜日には広場でマルシェが開かれます。
新鮮な食材にスパイス、はちみつにラベンダーなど、ちっちゃな市ながら魅力的なものがいっぱい。
b0126715_2027161.jpg


なんとこの村には「パン博物館」まであるのです。
外から見ると博物館とはちょっと分からないほどひっそりとした佇まいなのですが、
18世紀~の製パンの機械や道具類、家庭用品など、お菓子好きにとっては興味深いものがぎっしりと展示されています。
b0126715_20384918.jpg

そのせいか、まちのパン屋さんも品揃えが豊富。
パティスリーはもちろんのこと、マルセイユ名物のナヴェット(とても硬いビスケット)も数種類作っています。
b0126715_2028755.jpg
        エクレアもタルトもこのとおり、プロヴァンスらしい大らかなサイズ。

b0126715_20372129.jpg
                アンティーク屋さんで店番をする黒猫。
猫たちとの出会いも楽しみのひとつ。
リュベロンの村々ではあちこちでたくさんの猫を見かけるのですが、しみじみと景色を眺めている子や陽だまりの中でだら~んと昼寝している子、みんなのんびり自由な様子はまさにプロヴァンスっ子といった感じです。

ボニューで評判のレストラン「Le Fournil」。
b0126715_1503575.jpg
素材の組み合わせや盛り付けにセンスが感じられるおいしいお料理がいただけます。
プロヴァンス産のワインが充実しているのも嬉しいポイント。

プロヴァンスのワインというと、手頃なテーブルワインが多くてボルドーやブルゴーニュに比べると格下のイメージ・・・だったのはもう過去の話。
最近はどんどん質の良いワインが増え、ビオのワイン造りも盛んです。
爽やかでフルーティなワインは太陽の香りがするプロヴァンス料理にぴったりで、その飾らなさがプロヴァンスっぽくて私は大好き。
夏、ぎらぎら太陽の下で飲むロゼワインはプロヴァンスならではのお楽しみです。
リュベロンにもおいしいワインがたくさんあるので訪れるたびにいろいろと試しているところですが、地元の人におしえてもらった、ボニューのはずれにあるビオのワイン農家のものは特に気に入っています。
b0126715_29695.jpg
              ビオのワイン農家「Château Les Eydins」


わが家で欠かせないものがボニューにもうひとつ。
「Le Mas des Abeilles」のはちみつです。
ボニューの裏山をしばらく登ってリュベロンを見降ろせるくらいのところまで行くと、辺りに四角い蜂箱がぽつぽつと見えてきます。
売店では、ラベンダーやローズマリーなど10種類以上ものはちみつをはじめ、ヌガーやキャンディ(美味!)にビネガーやビールまで、ありとあらゆるはちみつ製品が並んでいます。
b0126715_21472146.jpg


お気に入りのレストランもボニューの近くにあります。
近くといってもボニューから険しい山道(夜はかなり怖い)を車でくねくね走りつつ「なんだか地球の果てに行くようだね・・」と思わず言い合うような、ほんとうに何も無い山の中なのですが。
「オーベルジュ・ドゥ・ラ・ルーブ」はリュベロン滞在中に必ず訪れる、家族みんなが大好きなお店です。
b0126715_2331412.jpg

ここでのお楽しみはなんといっても前菜盛り合わせ!タプナードにパプリカのマリネ、カレー風味のアーティチョーク、いかのトマト煮などなどプロヴァンスのお惣菜が10種類以上もぎっしりトレイにのって出てくると、毎回うわあ~っと歓声が漏れます。
b0126715_2274866.jpg
           初めて食べたさくらんぼのビネガー漬け、とっても美味!

みんな嬉々としてもりもり食べます。
もうこれだけでも十分満足。これからメインだなんてちょっと考えられないくらい・・
でもこれが不思議と入っちゃうんですね~
b0126715_2281063.jpg
              ローズマリー風味のうさぎのロティ。豪快。

むむ・・もうダメ、おなかいっぱい、というところへ、てんこもりのデザートが登場します。

b0126715_2284024.jpg
      洋梨のタルトとアイス、いちじくのミニタルトにフランボワーズにチョコレート。

お客さん同士で自然と話が弾むようなアットホームな雰囲気も心地よく。
モーリスおじさんが作る豪快でおいしいお料理に、本日も楽しくおいしく大・大満足。
みんなで幸せな気持ちになって家路につくのでした。


b0126715_2330503.jpg
                    ボニューから見る夕焼け。



■Le Fournil
5,place Carnot 84480 Bonnieux Tel:04 90 75 83 62

■Le Mas des Abeilles
Col le Pointu 84480 Bonnieux Tel:04 90 74 29 55

■Auberge de la Loube
84480 Buoux (住所なし) Tel:04 90 74 19 58


◆◆ 本日の1冊 ◆◆
「南仏プロヴァンスの木陰から」ピーター・メイル著 河出書房新社刊
ピーター・メイルの南仏シリーズ第2弾。原題は「Toujours Provence (いつもプロヴァンス)」。トリュフをめぐる冒険、アヴィニョンの市場、パスティス・・・食いしん坊の想像力をかきたてるお話がいっぱい。なにより、個性的すぎる村人たちのお話が楽しい!
[PR]
# by pudding-world | 2010-09-15 00:52 | フランス